「イチジク 植物園・生態実験園」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物...」)
 
 
43行目: 43行目:
 
[[Category:バラ目]]
 
[[Category:バラ目]]
 
[[Category:クワ科]]
 
[[Category:クワ科]]
 +
[[Category:園芸]]
 +
[[Category:植栽]]
 
[[Category:標準和名]]
 
[[Category:標準和名]]
[[Category:園芸]]
 

2020年10月19日 (月) 16:07時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > イチジク

イチジクの果実(広島県東広島市鏡山 東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, May 22, 2020)

イチジク(東広島植物園の植物)

和名

  • イチジク

学名

  • Ficus carica L.

シノニム

分類

  • クワ科 Moraceae

分布

  • アラビア南部原産

由来

  • 調査中

東広島キャンパスでの花期

  • 調査中

解説

  • 日本で栽培されているイチジクはほとんどが日本に分布しないイチジクコバチによる受粉を必要としない単為結果性品種である.
  • 果実は秋に熟すと濃い紫色になる.

関連ページ


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > イチジク