「アレチヌスビトハギ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[アレチヌスビトハギ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[アレチヌスビトハギ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]
  
[[ファイル:20190906アレチヌスビトハギ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_48766s.JPG|200px|thumb|right|アレチヌスビトハギの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 6, 2019)]]
+
[[ファイル:20190906アレチヌスビトハギ花_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_48766s.JPG|250px|thumb|right|アレチヌスビトハギの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 6, 2019)]]
[[ファイル:20190913アレチヌスビトハギ果実_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_49040s.JPG|200px|thumb|right|アレチヌスビトハギの果実.5~6個の小節果からなる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 13, 2019)]]
+
[[ファイル:20190913アレチヌスビトハギ果実_東広島市鏡山_池田撮影_IMG_49040s.JPG|250px|thumb|right|アレチヌスビトハギの果実.5~6個の小節果からなる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 13, 2019)]]
  
= アレチヌスビトハギ ''Desmodium paniculatum'' (L.) DC.=
+
=アレチヌスビトハギ ''Desmodium paniculatum'' (L.) DC.=
  
 
== シノニム ==
 
== シノニム ==
 
=== その他 ===
 
=== その他 ===
* ''Fimbristylis autumnalis'' (Linn.) Roem. et Schult.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)
+
* ''Fimbristylis autumnalis'' (Linn.) Roem. et Schult.[[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]で採用.]
  
== 分類 ==
+
 
 +
==分類==
 +
維管束植物門 Tracheophyta
 +
> 種子植物亜門 Spermatophytina
 +
> 被子植物上綱 Angiospermae
 +
> モクレン綱(双子葉植物綱) Magnoliopsida
 +
> バラ上目 Rosanae
 +
> マメ目 Fabales
 +
> [[マメ科|マメ科  Fabaceae]]
 +
> [[ヌスビトハギ属|ヌスビトハギ属 ''Desmodium'']]
 +
===旧分類===
 
種子植物門 Spermatophyta
 
種子植物門 Spermatophyta
 
> 被子植物亜門 Angiospermae
 
> 被子植物亜門 Angiospermae
17行目: 27行目:
 
> [[ヌスビトハギ属|ヌスビトハギ属 ''Desmodium'']]
 
> [[ヌスビトハギ属|ヌスビトハギ属 ''Desmodium'']]
  
== 解説==
+
==解説==
* 広島県では1967年頃から広がりはじめた.
+
*広島県では1967年頃から広がりはじめた.
 
 
=== 花期 ===
 
  
== 分布・産地・天然記念物 ==
+
===花期===
=== 分布 ===
+
*9月
=== 産地 ===
+
==分布・産地・天然記念物==
=== 天然記念物 ===
+
===分布===
 +
===産地===
 +
===天然記念物===
  
== 標本 ==
+
==標本==
 
* 東広島市御薗宇(yy-5844),広島市牛田(km-2076),府中町榎川(yw-3780),呉市焼山町(mt-9628),熊野町萩原(mt-12851),廿日市市住吉(yw-9710),尾道市白江(yk-3149),福山市長和(sf-5109),倉橋島(sy-8),宮島(ts-1254)
 
* 東広島市御薗宇(yy-5844),広島市牛田(km-2076),府中町榎川(yw-3780),呉市焼山町(mt-9628),熊野町萩原(mt-12851),廿日市市住吉(yw-9710),尾道市白江(yk-3149),福山市長和(sf-5109),倉橋島(sy-8),宮島(ts-1254)
  
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
+
==慣用名・英名・広島県方言==
=== 慣用名 ===
+
===慣用名===
  
=== 英名 ===
+
===英名===
=== 広島県方言 ===
+
===広島県方言===
  
== 備考==
+
==備考==
* 環境庁コード: 28685
+
*環境庁コード: 28685
* 帰化
+
*帰化
  
== 文献(出典)==
+
==文献(出典)==
* 関ほか(1975),府中町生物実態調査団(1988),関ほか(1994),渡辺ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
+
*関ほか(1975),府中町生物実態調査団(1988),関ほか(1994),渡辺ほか(1996),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
 
==インターネットリソース==
 
==インターネットリソース==
47行目: 57行目:
  
 
----
 
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
+
[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
  
 
[[Category:植物]]
 
[[Category:植物]]
56行目: 66行目:
 
[[Category:維管束植物]]
 
[[Category:維管束植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:マメ目]]
 
[[Category:マメ科]]
 
[[Category:マメ科]]
 +
[[Category:APG]]
 
[[Category:ブルーリスト]]
 
[[Category:ブルーリスト]]

2021年9月21日 (火) 09:21時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アレチヌスビトハギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アレチヌスビトハギの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 6, 2019)
アレチヌスビトハギの果実.5~6個の小節果からなる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 13, 2019)

アレチヌスビトハギ Desmodium paniculatum (L.) DC.

シノニム

その他


分類

維管束植物門 Tracheophyta > 種子植物亜門 Spermatophytina > 被子植物上綱 Angiospermae > モクレン綱(双子葉植物綱) Magnoliopsida > バラ上目 Rosanae > マメ目 Fabales > マメ科 Fabaceae > ヌスビトハギ属 Desmodium

旧分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > マメ科 Fabaceae(Leguminosae) > ヌスビトハギ属 Desmodium

解説

  • 広島県では1967年頃から広がりはじめた.

花期

  • 9月

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 東広島市御薗宇(yy-5844),広島市牛田(km-2076),府中町榎川(yw-3780),呉市焼山町(mt-9628),熊野町萩原(mt-12851),廿日市市住吉(yw-9710),尾道市白江(yk-3149),福山市長和(sf-5109),倉橋島(sy-8),宮島(ts-1254)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 28685
  • 帰化

文献(出典)

インターネットリソース


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる