「アメリカヒドリ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成:「<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館...」)
 
 
23行目: 23行目:
 
==分布・産地・天然記念物==
 
==分布・産地・天然記念物==
 
===分布===
 
===分布===
*アラスカやカナダなど北アメリカ大陸中北部(繁殖),北アメリカ大陸南部(越冬)
+
*アラスカやカナダなど北アメリカ大陸中北部(繁殖),カリフォルニアや中米,西インド諸島,ハワイ諸島,時に日本(越冬)
 +
 
 
===産地===
 
===産地===
 
===天然記念物・RDB===
 
===天然記念物・RDB===

2019年9月7日 (土) 02:00時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > アメリカヒドリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

アメリカヒドリ(オス)(島根県出雲市; 撮影: 岡崎賢二, Jan. 20, 2018)

アメリカヒドリ Anas americana

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > カモ目 Anseriformes > カモ科 Anatidae > マガモ属 Anas > アメリカヒドリ Anas americana

解説

  • 本来北アメリカ大陸に生息するカモだが,少数が冬鳥として本州以南に渡来し,全国的に記録がある.
  • 各地の湖沼や河川,内湾などで越冬するヒドリガモの群れに混じっていることが多い.
  • 広島県内でも,福山市の芦田川や松永湾,広島市の八幡川河口や太田川下流など,ヒドリガモの越冬地でそれぞれ1,2羽程度がほぼ毎年観察されている.
  • メスについてはヒドリガモとの区別が困難なため正確な記録は少ない.オスについても色彩的にヒドリガモとまぎらわしい個体も多く見られ,本種としての報告の中にも交雑個体がかなりあるのではないかと思われる.

分布・産地・天然記念物

分布

  • アラスカやカナダなど北アメリカ大陸中北部(繁殖),カリフォルニアや中米,西インド諸島,ハワイ諸島,時に日本(越冬)

産地

天然記念物・RDB

  • 県内での指定なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

  • American wigeon

広島県方言

  • 特になし

備考

関連ページ

参考文献

  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.
  • 日本野鳥の会広島県支部(編著). 2002. ひろしま野鳥図鑑, 増補改訂版. 267 pp. 中国新聞社, 広島.

更新履歴

  • 2019.09.07 ページ作成.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 郷土の動物 > 広島県の鳥類 > アメリカヒドリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順