「アテツマンサク」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
(2人の利用者による、間の2版が非表示)
1行目: 1行目:
= アテツマンサク ''Hamamelis'' ''japonica'' Siebold & Zucc. var. ''bitchuensis'' (Makino) Ohwi=
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[アテツマンサク]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
  
マンサク科
+
= アテツマンサク ''Hamamelis japonica'' Siebold & Zucc. var. ''bitchuensis'' (Makino) Ohwi=
  
 +
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
 +
* ''Hamamelis japonica'' Sieb.et Zucc. var. ''bitchuensis'' (Makino) Ohwi([[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997]]で採用.)
 +
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
 +
> [[マンサク科|マンサク科 Hamamelidaceae]]
 +
> [[マンサク属|マンサク属 ''Hamamelis'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
* 広島県の[[マンサク]]は葉裏に星状毛の多い本変種に属する。
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
* 毛の少ないものもあるが、 とくに[[マンサク]]の基本種として区別はしなかった。
 +
* 次の文献は[[マンサク]]としての報告であるが、 両者を厳密に区別したものではなく、 [[アテツマンサク]]であると思われる: 堀川ほか(1959),土井(1983)は[[マンサク]]を三段峡から報告しているが、 [[アテツマンサク]]の毛の少ない型であろう。 関ほか(1983b)は[[マンサク]]を滝山峡から報告しているが,[[アテツマンサク]]と見られるものが多いとしている.
 +
* がくの色は黄色のものが本県では多いが、 赤紫色のものもあり、 中間形もある。
 +
* 中国山地の多雪地帯では、 葉が円形を帯びたものがあるが、 [[マルバマンサク]]とするほどではないと思われる。
 +
 
 +
=== 花期 ===
  
 +
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 標本 ==
 +
* 府中市河佐(yy-10057),本郷町爆雪滝(yy-10396),広島市堂床山(yy-11451),帝釈峡(yy-4239),美土里町上平山(hh-5349),庄原市葦嶽山(mt-7836),吉和村十方林道(ht-3547),口和町竹地谷(hh-6996),吉舎町雲通(km-4213),竹原市上仁賀(mt-13122),大竹市三倉山(yy-2601),東広島市八本松(ts-810222),呉市深山滝(mt-14427),福富町下竹仁(km-5492),高宮町田草(mt-14730),河内町深山峡(rn-7660),三段峡(rn-7810),佐伯町所山(rn-10263),高野町神之瀬湖畔(km-7544),神之瀬峡(yw-11563),甲奴町宇賀(ns-661),甲山町伊尾(ns-364),芸北町大暮川(sy-254),西城町三坂(hn-1072),湯来町石ヶ谷(mt-15788),東城町鳶ノ巣(hn-1845)
  
== 慣用名==
+
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 +
=== 慣用名 ===
  
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 22590
 
* 環境庁コード: 22590
  
 +
== 文献(出典)==
 +
* 堀川ほか(1959),河毛(1974),土井(1983),広島市教育委員会(1988),山下(1988),[[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
 +
 +
== 引用文献 ==
 +
* 堀川芳雄・鈴木兵ニ・安藤久次・中西 哲.1959. 三段峡・八幡高原及びその周辺地域所産高等植物目録.広島県教育員会編,三段峡と八幡高原総合学術調査報告.pp. 195-224, pls. 1-3. 広島県教育員会,広島.
 +
* 土井美夫.  1983.  広島県植物目録.  148 pp.  博新館,  広島.
 +
* 関 太郎・中西弘樹・吉野由紀夫・宝理信也・田丸豊生・松村雅文・鈴木兵二.1983b. 滝山峡の維管束植物.滝山峡総合学術調査委員会編,滝山峡総合学術調査研究報告.pp. 237-294. 滝山峡総合学術調査委員会,広島.
  
== 文献(出典)==
+
==インターネットリソース==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
*広島の植物ノート http://forests.world.coocan.jp/flora/hamamelid-2.html#ham
  
 
----
 
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 +
[[Category:植物]]
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:H]]
 +
[[Category:ア]]
 +
[[Category:維管束植物]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
 +
[[Category:マンサク科]]
 +
[[Category:標準和名]]

2019年1月23日 (水) 18:01時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アテツマンサク | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アテツマンサク Hamamelis japonica Siebold & Zucc. var. bitchuensis (Makino) Ohwi

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > マンサク科 Hamamelidaceae > マンサク属 Hamamelis

解説

  • 広島県のマンサクは葉裏に星状毛の多い本変種に属する。
  • 毛の少ないものもあるが、 とくにマンサクの基本種として区別はしなかった。
  • 次の文献はマンサクとしての報告であるが、 両者を厳密に区別したものではなく、 アテツマンサクであると思われる: 堀川ほか(1959),土井(1983)はマンサクを三段峡から報告しているが、 アテツマンサクの毛の少ない型であろう。 関ほか(1983b)はマンサクを滝山峡から報告しているが,アテツマンサクと見られるものが多いとしている.
  • がくの色は黄色のものが本県では多いが、 赤紫色のものもあり、 中間形もある。
  • 中国山地の多雪地帯では、 葉が円形を帯びたものがあるが、 マルバマンサクとするほどではないと思われる。

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 府中市河佐(yy-10057),本郷町爆雪滝(yy-10396),広島市堂床山(yy-11451),帝釈峡(yy-4239),美土里町上平山(hh-5349),庄原市葦嶽山(mt-7836),吉和村十方林道(ht-3547),口和町竹地谷(hh-6996),吉舎町雲通(km-4213),竹原市上仁賀(mt-13122),大竹市三倉山(yy-2601),東広島市八本松(ts-810222),呉市深山滝(mt-14427),福富町下竹仁(km-5492),高宮町田草(mt-14730),河内町深山峡(rn-7660),三段峡(rn-7810),佐伯町所山(rn-10263),高野町神之瀬湖畔(km-7544),神之瀬峡(yw-11563),甲奴町宇賀(ns-661),甲山町伊尾(ns-364),芸北町大暮川(sy-254),西城町三坂(hn-1072),湯来町石ヶ谷(mt-15788),東城町鳶ノ巣(hn-1845)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 22590

文献(出典)

引用文献

  • 堀川芳雄・鈴木兵ニ・安藤久次・中西 哲.1959. 三段峡・八幡高原及びその周辺地域所産高等植物目録.広島県教育員会編,三段峡と八幡高原総合学術調査報告.pp. 195-224, pls. 1-3. 広島県教育員会,広島.
  • 土井美夫. 1983. 広島県植物目録. 148 pp. 博新館, 広島.
  • 関 太郎・中西弘樹・吉野由紀夫・宝理信也・田丸豊生・松村雅文・鈴木兵二.1983b. 滝山峡の維管束植物.滝山峡総合学術調査委員会編,滝山峡総合学術調査研究報告.pp. 237-294. 滝山峡総合学術調査委員会,広島.

インターネットリソース


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる