アツブタガイ

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アツブタガイ

アツブタガイのオス.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎,Jul. 11, 2023)

アツブタガイ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • アツブタガイ

学名

  • Cyclotus・campanulatus

分類

  • ヤマタニシ科 Cyclophoridae

分布

  • 本州(中部以西),四国,九州.

解説

  • 殻径15 mmほどのカタツムリで,殻に厚くて円盤状の石灰質のフタをもつ.
  • マイマイ(柄眼目)とは系統が異なる陸貝のため,目の位置が触角の根元であったり,殻にフタがあったりなどの違いが見られる.
  • 殻は低い円錐形.
  • 低山のやや乾燥した広葉樹林の地表に生息する.
  • 東広島キャンパス内での個体数は少ない.

備考

参考文献

  • 武田晋一・西 浩孝. 2015. カタツムリ ハンドブック. 128 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アツブタガイ