「アズマザサ」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
(ページの作成: = アズマザサ ''Sasaella''' '''ramosa'' (Makino) Makino= イネ科 Poaceae (Gramineae) <blockquote>タケ亜科 Bambusoideae</blockquote> == 解説== <!--…)
 
 
(3人の利用者による、間の7版が非表示)
1行目: 1行目:
= アズマザサ ''Sasaella''' '''ramosa'' (Makino) Makino=
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[アズマザサ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
  
[[イネ科|イネ科 Poaceae (Gramineae)]]
+
= アズマザサ ''Sasaella ramosa'' (Makino) Makino=
  
<blockquote>タケ亜科 Bambusoideae</blockquote>
+
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
  
 +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 単子葉植物綱 Monocotyledoneae
 +
> [[イネ科|イネ科 Poaceae(Gramineae)]]
 +
> [[タケ亜科|タケ亜科 Bambusoideae]]
 +
> [[アズマザサ属|アズマザサ属 ''Sasaella'']]
  
 
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
+
=== 花期 ===
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
 
  
 +
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
* 広島県では,県中部を中心に分布するが,やや稀である.
  
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
  
== 慣用名==
+
== 標本 ==
 +
* 三良坂町沖江(ts-855070),三次市前田橋(kt-4502),東城町焚火山(kt-5620),福山市矢川(kt-4416),上下町矢多田(kt-4276),甲山町伊尾(kt-3936),久井町行広(kt-4355),庄原市尾引坂(kt-4507),双三郡三和町鬼ヶ城(kt-4169),神石郡三和町坂瀬川(kt-4416),河内町入野(kt'83),作木村上作木(kt-4485),大朝町鳴滝(kt-4791),大竹市小栗林(kt-4957)
  
 +
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 +
=== 慣用名 ===
 +
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
  
 
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 71790
 
* 環境庁コード: 71790
  
 +
== 文献(出典)==
 +
* 土井 (1983),竹田 (1985),関・吉野 (1986),竹田 (1987),(1995),関ほか (1996),  [[広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会_1997|広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)]]
  
== 文献(出典)==
+
== 引用文献 ==
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
# 土井美夫.  1983.  広島県植物目録.  148 pp.  博新館,  広島.
 +
# 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  832 pp.  中国新聞社, 広島.
 +
# 関  太郎・吉野由紀夫.  1986.  ヒコビア植物観察会の記録,  1985年4月-12月.  ヒコビア 9: 537-543.
 +
# 関  太郎・桑田健吾・渡辺泰邦・桑田武子.  1996.  広島県灰塚ダム周辺地域の種子植物.  灰塚ダム地質動植物学術調査団(編),  灰塚ダム湖とその周辺の自然,  pp. 459-558,  pls. 5.  灰塚ダム地質動植物学術調査団, 広島.
 +
# 竹田孝雄.  1985.  広島県のササ(1).  比婆科学 131: 1-11.
 +
# 竹田孝雄.  1987.  広島県のササ(2).  比婆科学 135: 1-14.
 +
# 竹田孝雄.  1995.  広島県のササ類植物誌.  230 pp.  シンセイアート出版部,  広島.
 +
 
 +
==インターネットリソース==
 +
*広島の植物ノート http://forests.world.coocan.jp/flora/po-10.html#sas5
  
 
----
 
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
 +
 +
[[Category:植物]]
 +
[[Category:広島県の植物]]
 +
[[Category:S]]
 +
[[Category:ア]]
 +
[[Category:維管束植物]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:単子葉植物]]
 +
[[Category:イネ科]]
 +
[[Category:標準和名]]

2019年1月23日 (水) 17:41時点における最新版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アズマザサ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アズマザサ Sasaella ramosa (Makino) Makino

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > イネ科 Poaceae(Gramineae) > タケ亜科 Bambusoideae > アズマザサ属 Sasaella

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,県中部を中心に分布するが,やや稀である.

産地

天然記念物

標本

  • 三良坂町沖江(ts-855070),三次市前田橋(kt-4502),東城町焚火山(kt-5620),福山市矢川(kt-4416),上下町矢多田(kt-4276),甲山町伊尾(kt-3936),久井町行広(kt-4355),庄原市尾引坂(kt-4507),双三郡三和町鬼ヶ城(kt-4169),神石郡三和町坂瀬川(kt-4416),河内町入野(kt'83),作木村上作木(kt-4485),大朝町鳴滝(kt-4791),大竹市小栗林(kt-4957)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 71790

文献(出典)

引用文献

  1. 土井美夫. 1983. 広島県植物目録. 148 pp. 博新館, 広島.
  2. 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編). 1997. 広島県植物誌. 832 pp. 中国新聞社, 広島.
  3. 関 太郎・吉野由紀夫. 1986. ヒコビア植物観察会の記録, 1985年4月-12月. ヒコビア 9: 537-543.
  4. 関 太郎・桑田健吾・渡辺泰邦・桑田武子. 1996. 広島県灰塚ダム周辺地域の種子植物. 灰塚ダム地質動植物学術調査団(編), 灰塚ダム湖とその周辺の自然, pp. 459-558, pls. 5. 灰塚ダム地質動植物学術調査団, 広島.
  5. 竹田孝雄. 1985. 広島県のササ(1). 比婆科学 131: 1-11.
  6. 竹田孝雄. 1987. 広島県のササ(2). 比婆科学 135: 1-14.
  7. 竹田孝雄. 1995. 広島県のササ類植物誌. 230 pp. シンセイアート出版部, 広島.

インターネットリソース


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる