「アジサイ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
 
9行目: 9行目:
 
*''Hydrangea macrophylla'' (Thunb.) Ser. f. ''macrophylla''
 
*''Hydrangea macrophylla'' (Thunb.) Ser. f. ''macrophylla''
 
====シノニム====
 
====シノニム====
*''Hortensia macrophylla'' (Thunb.) H.Ohba et S.Akiyama f. ''macrophylla''
+
*''Hortensia macrophylla'' (Thunb.) H.Ohba & S.Akiyama f. ''macrophylla''
  
 
===分類===
 
===分類===

2021年5月8日 (土) 08:15時点における最新版

アジサイの花(植栽)(東広島植物園; 撮影: 池田誠慈, Jul. 1, 2016)

アジサイ(広島大学東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名

  • アジサイ(ホンアジサイ)

学名

  • Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. macrophylla

シノニム

  • Hortensia macrophylla (Thunb.) H.Ohba & S.Akiyama f. macrophylla

分類

  • アジサイ科 Hydrangeaceae

分布

  • 園芸品種

東広島キャンパスの花期

  • 6-7月

特徴

  • 日本に自生するガクアジサイから作出された園芸品種.他のアジサイとの区別のためホンアジサイとも呼ばれる.
  • 花序はほとんど装飾花のみからなる.
  • 種子ができるのは稀であるため挿し木や株分けで増やす.
  • エングラー分類体系ではユキノシタ科に置かれていたが,APG分類体系ではアジサイ科(Hydrangeaceae)とされる.
  • 江戸時代に長崎に滞在したドイツの医師で博物学者のシーボルトによってヨーロッパに紹介された.

English

English name

  • Ajisai
  • Japanese hydrangea
  • Mophead hydrangea

Scientific name

  • Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. macrophylla

Taxonomy

  • Hydrangeaceae

Distribution

  • A cultivated variety

Flowering season

  • June to July

Notes

  • A cultivar created from the lacecap hydrangea (Hydrangea macrophylla f. normalis) that grows naturally in Japan. It is also called "hon-ajisai" in Japanese (meaning 'real hydrangea') to distinguish it from other varieties.
  • The inflorescence consists mostly of decorative flowers.
  • Seeds are rarely produced, so they are propagated by cutting or suckering.
  • Formerly, according to the Engler classification system, this species was placed in the Saxifragaceae family, but in the APG classification system, it belongs to the Hydrangeaceae family.
  • Introduced to Europe by Philipp Franz Balthasar von Siebold, a German physician and naturalist who stayed in Nagasaki during the Edo period.

中文

中文名 Chinese name

  • 绣球花

科学名称

  • Hydrangea macrophylla (Thunb.) Ser. f. macrophylla

分类

  • 绣球花科 Hydrangeaceae

分布

  • 作为园艺品种在世界范围内广泛使用。

开花季节

  • 6-7月

解説

  • 绣球花的一种栽培品种,在日本自然生长。为区别于其他绣球,它被称为香绣球。
  • 花序主要由装饰花组成。
  • 由于很少产生种子,主要可通过插条或分株来增加种子。
  • 在Engler分类系统中,它被分在虎耳草科中,而在APG分类系统中,它被分在在绣球花科中。
  • 由江户时代留在长崎的德国医生和博物学家Siebold介绍到欧洲。

ギャラリー


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > アジサイ