アシグロツユムシ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2020年4月20日 (月) 10:52時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動検索に移動
アシグロツユムシ成虫(オス).(広島県呉市灰ヶ峰, Sep. 11, 2004)
  • 本州,四国,九州,対馬に分布.
  • 体長29~35 mm.
  • 触角,後肢脛節が黒いことでツユムシと区別できる.
  • 山地性が強く,林縁の草や低木の上に生息する.
  • 昼間に活発に活動する.