アキノウナギツカミ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
2019年9月23日 (月) 02:31時点におけるIkeda (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アキノウナギツカミ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アキノウナギツカミの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 13, 2019)
アキノウナギツカミの葉.茎上部の葉は短柄で,基部が矢じり形で茎を抱く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 13, 2019)

目次

アキノウナギツカミ Persicaria sieboldii (Meisn.) Ohki

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > タデ科 Polygonaceae > イヌタデ属 Persicaria

解説

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 戸河内町水越峠(yy-11580),芸北町八幡(yy-8032),広島市飯室(km-51744),府中町水分峡(yw-1955),吉和村中津谷(mt-9515),黒瀬町樋上(mt-9681),呉市灰ヶ峰(hh-7382),東広島市馬木(km-4337),三良坂町計納(yw-8731),熊野町海上側(mt-13037),豊松村尾戸(yy-13329),廿日市市宮内(km-5605),宮島(rn-6464),尾道市白江(yk-3148,御調町大塔(yk-3723),神之瀬峡(mt-17842),世羅町田打(ns-637),東城町森(hn-1450),河内町義庵坊(mt-16144),甲山町小世良(yk-9664),本郷町用倉(ms-4556),君田村中野原(tk-778),府中市角目(yk-10520)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 14140

文献(出典)

インターネットリソース



広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる