アカスジクサカゲロウ 広島大学東広島キャンパス

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アカスジクサカゲロウ

アカスジクサカゲロウの成虫(メス).アカマツの葉に卵を産み終えた直後.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)
アカスジクサカゲロウの成虫.頭部に明瞭な赤い筋が入る.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)
アカスジクサカゲロウの幼虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Sep. 27, 2020)

アカスジクサカゲロウ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Chrysoperla furcifera

分類

  • クサカゲロウ科 Chrysopidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 頭部に赤い筋が数本入るのが特徴.
  • アカマツ林を代表するクサカゲロウ.
  • 幼虫は主にアカマツに寄生するアブラムシを食べる.
  • 成虫越冬する.
  • 東広島キャンパスでの個体数は多い.

ギャラリー

備考

参考文献

インターネットリソース


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アカスジクサカゲロウ