「アカイロトリノフンダマシ 広島大学東広島キャンパス」の版間の差分

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
34行目: 34行目:
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学の自然]]
 
[[Category:広島大学]]
 
[[Category:広島大学]]
[[Category:広島大学植物園]]
+
[[Category:東広島植物園]]
 
[[Category:C]]
 
[[Category:C]]
 
[[Category:ア]]
 
[[Category:ア]]

2019年7月28日 (日) 23:34時点における版

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アカイロトリノフンダマシ

アカイロトリノフンダマシの成体(メス).赤みの強い個体.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 12, 2019)
アカイロトリノフンダマシ成体.腹部の両端の白斑の中には黒い模様があり,目玉のように見える.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 14, 2018)
網を張るアカイロトリノフンダマシの成体(メス).巣は目が粗く,横糸は大きく弛んでいる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 24, 2019)

アカイロトリノフンダマシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

  • アカイロトリノフンダマシ

学名

  • Cyrtarachne yunoharuensis

分類

  • コガネグモ科 Araneidae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 褐色の体に白い模様が特徴的なクモ.
  • テントウムシの仲間に擬態しているものと思われる.
  • 東広島キャンパス内での個体数は少ない.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アカイロトリノフンダマシ