お知らせ20211219/サカスタ予定地の地下に眠る広島城跡を考える

2021年11月29日 (月) 15:47時点におけるChubo (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「=シンポジウム「サカスタ予定地の地下に眠る広島城跡を考える」開催のご案内= ==シンポジウム サカスタ予定地の地下に眠る…」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

シンポジウム「サカスタ予定地の地下に眠る広島城跡を考える」開催のご案内

シンポジウム サカスタ予定地の地下に眠る広島城跡を考える

主催
芸備地方史研究会
後援
一般法人 日本考古学協会

広島サッカースタジアム建設予定地では大規模な近代軍遺構が発見され、多くの保存要望の声が広島市に寄せ られましたが、遺構は一部「切り取り保存」がなされただけで、現在は下層の近世面の調査が継続されています。調査 地は広島城本丸の西側、西の出丸隣接地にあり、広島城を構成する重要な場所に位置しています。今回、芸備地方 史研究会では、サカスタ予定地周辺の近世史の重要性を考え、シンポジウムを企画しました。今年10 月の近代遺構 をテーマとしたシンポジウムに続く第2 回となります。考古学、文献、建築史の各分野から発掘調査地の重要性につ いて考えてみたいと思います。また、文化財の保存・活用と開発の調和を前提とした街づくりを進めるため、他の先進 的な事例を参考にしながら、長期的な都市計画が必要性について考えてみたいと思います。 1.会 場 県立広島大学2143 講義室(広島市南区宇品東一丁目1 番71 号) 2.日 程 12 月19 日(日)13:00~17:00 13:00 開会・会長挨拶 13:10~13:30 趣旨説明(藤野次史) 13:30~14:00 基調報告1 広島城跡発掘調査の成果と課題(小都 隆) 14:00~14:30 基調報告2 中世後期・近世史研究から見た広島城の位置づけ(光成準治) 14:40~15:10 基調報告3 近世城郭研究と広島城(佐藤大規) 15:10~15:40 基調報告4 松江城下町遺跡の調査成果とその活用事例について(川上昭一) 15:50~16:50 討 論(コーディネーター/後藤研一) 17:00 閉会 3.実施方法 対面およびオンライン(いずれかを選んでご参加ください) 4.申し込み方法 12 月13 日(月)まで(往復はがきは必着)に芸備地方史研究会までお申し込みください。参加方法によって申し込 み方法が異なります。ご注意ください。 対面参加(先着180 名) 往復はがきにシンポ参加を明記のうえ、住所・郵便番号・氏名を記入し、研究会宛にお申し込みください。 オンライン参加(先着200 名) QR コードもしくは本会HP を利用して、Microsoft Forms でお申し込みください。 芸備地方史研究会 (HP:https://geishi.hiroshima-u.ac.jp/) 〒739-8522 東広島市鏡山一丁目2-3 広島大学文学部日本史学研究室内 電話/FAX:082-424-6643 Email:geishi@hiroshima-u.ac.jp 5.会場へのアクセス方法 JR 広島駅 【バス】 JR 広島駅南口7 番乗り場 302 号線(右回り)、312 号線/「県立広島大学前」下車、342 号線/「県病院前」下車 【市内電車】JR 広島駅南口 5 号線(広島港行き)/「県病院前」下車 紙屋町(バスセンター) 【市内電車】 紙屋町西」または「紙屋町東 1 号線(広島港行き)または3 号線(広島港行きまたは宇品二丁目行き)/「県病院前」下車 八丁堀 【バス】 八丁堀 12 号線乗車/「県立広島大学前(広島キャンパス)」下車