Niphotrichum japonicum

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Racomitrium japonicumから転送)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > コケ植物(蘚苔類) > 情報 > コケ図鑑 > 蘚類 > N > Niphotrichum japonicum / > R > Racomitrium japonicum

目次

コケ図鑑 -蘚苔類写真集-

Niphotrichum japonicum (Dozy & Molk.) Bednarek-Ochyra & Ochyra エゾスナゴケ

シノニム

  • Racomitrium japonicum Dozy & Molk.
  • Grimmia japonica (Dozy & Molk.) Mitt.

ノート

  • 日当たりの良い,やや乾いた場所に生育.
  • 直立する蘚類(せんるい)で,2-3 cm程度の高さになる.
  • 葉は乾くと内側に巻き,水分を含むと広がる.
  • 日当たりの良い低地ではふつうに見られる.
  • 最近,屋上緑化などで利用されている.
  • 葉の基部の細胞に背の高いパピラが多く存在することで,同じ属の他の種と比較的容易に区別できる.
  • 広島大学西条キャンパスでもっともふつう.日当たりの良い地面(芝生など)で観察できる.
  • ノート:極東ロシア,中国,朝鮮,ベトナクに分布し,日本では低地~亜高山帯の日当たりのよい土上に芝生上に生育する.日本でこれまでの図鑑などでRacomitrium canescensの学名で扱われていたコケは本種が該当する.日本にはR. canescensは分布せず,その亜種であるR. canescens var. latifoliumが北日本に知られているが,たいへんまれなコケのようである.しかし,その分布の実態は明らかでないので研究が必要である.コケ庭の材料としてよく利用される.


(写真:東広島市広島大学キャンパス)

湿った状態.乾いていた葉が湿ると急激に葉を展開する.(写真:高知県本川村8月11日)

乾いた状態.乾くと葉は茎に圧着する.(写真:広島県久井町8月10日)

類似種


デジタル自然史博物館 / 植物トップ / コケ / データ・情報 / コケ図鑑 / 蘚類 / N | R にもどる