カンムリカイツブリ 宮島

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > カンムリカイツブリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

カンムリカイツブリ(廿日市市宮島町; 撮影: 熊谷美登)

目次

カンムリカイツブリ Podiceps cristatus cristatus

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > カイツブリ目 Podicipediformes > カイツブリ科 Podicipedidae > カンムリカイツブリ属 Podiceps > カンムリカイツブリ(種) Podiceps cristatus > カンムリカイツブリ(亜種) Podiceps cristatus cristatus

解説

  • 1984.2.2,神社沖で初認.
  • 12月から確認され,4月中旬頃まで1~最高25羽までの群れで渡来する.
  • 宮島全域の海上に冬鳥として普通.
  • 特に神社,多々良,大江,大川の浅瀬に多い.

(資料提供: 熊谷美登(厳島の鳥を知る会)/写真撮影: 熊谷美登)

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.

更新履歴


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > カンムリカイツブリ | 広島県の動物図鑑 / 和名順