Nakahara Tsubota Handa Watanabe Deguchi 2004

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

目次

Nakahara et al. (2004b)

文献(出典)

  • Nakahara, M., Tsubota, H., Handa, S., Watanabe, S. & Deguchi, H. 2004. Molecular phylogeny of Chlorella-like symbiotic algae in Paramecium bursaria based on 18S rRNA gene sequences. Hikobia 14: 129-142.

ノート

  • ミドリゾウリムシParamecium bursariaから分離したChlorella類似の共生藻の分子系統学的位置を明らかにした.

Abstract

Nakahara, M., Tsubota, H., Handa, S., Watanabe, S. & Deguchi, H. 2004. Molecular phylogeny of Chlorella-like symbiotic algae in Paramecium bursaria based on 18S rRNA gene sequences. Hikobia 14: 129-142.

Phylogenetic analyses of three Chlorella-like green algae isolated from Paramecium bursaria were made using 18S rRNA gene sequences. Nucleotide sequences from all isolates had almost 100% homologies to one another, and commonly possessed three introns in the same positions. The phylogenetic tree supported the identification of the symbiotic algae as Chl. vulgaris. The evolutionary origins and physiological variations of symbiotic algae of P. bursaria are discussed.

要旨

中原美保・坪田博美・半田信司・渡邊信・出口博則. 2004. ミドリゾウリムシから分離したChlorella類似の共生藻の分子系統学的位置. Hikobia 14: 129-142.

Nakahara et al. (2003)は,1個体のミドリゾウリムシParamecium bursariaの細胞内から複数のChlorella類似の共生藻を分離し,これらの共生藻の中に共通する形態的特徴をもちながら生理的特性が異なるものが3系統あることを報告している.本研究ではこれらの3系統の共生藻のうちの1系統である,分離後数か月で死滅する系統の3つの藻株について,分子系統学的研究を行った.18S rRNA遺伝子にもとづいた系統解析の結果,これらの共生藻3株はいずれもトレボウクシア藻綱のChl. vulgarisのクレードに含まれ,自由生活性のChl. vulgarisと系統的に非常に近い関係にあることが示された.

Pdfs


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 にもどる