スズキ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Lateolabrax japonicusから転送)
移動: 案内検索

デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 > スズキ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順

体長約45 cmのスズキ.大きな口で獲物を捕らえる肉食魚である.(鹿児島県南さつま市; 撮影: 鮫島裕貴, Nov. 9, 2019)
スズキ(広島県坂町; 撮影: 益井,Nov., 2004)

目次

スズキ Lateolabrax japonicus

分類

脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 硬骨魚綱 Osteichthyes > 条鰭亜綱 Actinopterygii > スズキ系 Percomorpha > スズキ目 Perciformes > スズキ亜目 Percoidei > スズキ科 Lateolabracidae > スズキ属 Lateolabrax > スズキ Lateolabrax japonicus

解説

  • 北海道南部以南の汽水域~沿岸域に分布.
  • 広島県では,瀬戸内海沿岸の比較的大きい河川の河口や汽水域によく侵入する.
  • 体色は背側が青銀色で腹側が銀白色.
  • 若魚は側線より上方に黒色斑を持つが,成長と共に消失する.
  • 成魚の体長は50 cm.体長1 mほどになり,魚や甲殻類を食べ,ルアー釣りの対象魚として人気が高く,塩焼き・洗い・ムニエルなどで美味.
  • 産卵期は11月から1月.沿岸部で浮遊性の卵を産む.
  • 太田川下流の広島旧市内では,かつて夏の夜に小舟でくりだし,カーバイトランプで川底を照らし,箱メガネで覗き,水深2~3 mに潜む寝込みのスズキを長いヤスで突いて獲る「つきんぼう」という漁法が盛んであった.現在ではスズキの数も少なく,水が汚れ川底を見通せなくなったためすたれている.

天然記念物・RDB

  • 該当なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

  • せいご→ふっこ→すずき.名前の変わる出世魚.

関連ページ

参考文献

  • 中坊徹次(編). 2013. 日本産魚類検索 全種の同定, 3版. xlix + xxxii + xvi + 2428 pp. 東海大学出版会, 秦野.

デジタル自然史博物館 > メインページ> 郷土の動物 > 広島県の淡水魚 > スズキ | 広島県の動物図鑑 / 和名順 | 魚類図鑑 / 分類 / 和名順 / 学名順