マタタビ科

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
Actinidiaceaeから転送)
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > マタタビ科 | 広島県の植物図鑑 / 和名順

ウラジロマタタビ(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 内田慎治, May. 27, 2014)
ウラジロマタタビ(花)(広島県廿日市市宮島町; 撮影: 内田慎治, May. 27, 2014)
サルナシ(果)(広島県庄原市西城町 比婆山; 撮影: 垰田 宏, Aug. 19, 2007)

目次

マタタビ科 Actinidiaceae

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > マタタビ科 Actinidiaceae

特徴

  • 常緑または落葉性のつる植物または木本.
  • アジアおよび中南米アメリカの温帯から亜熱帯を中心に分布する.
  • 約350種が含まれる.

広島県から報告されているもの

文献(出典)

文献(参考)

  • Simpson, M. G. 2006. Plant Systematics. -xi + 590 pp. Elsevier Academic Press, San Diego.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる