鳥散布

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
熟れた柿を食べるヒヨドリ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Feb. 9, 2020)
ヤマモモの実(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, Jun. 20, 2001)

鳥散布

  • 鳥散布とは,鳥類によって行われる種子散布のことである.
    • 植物は基本的に個体として移動を行わず,種子が運ばれることによって分布域を拡大させる.
    • 種子が散布される要因は,風・水・重力など様々だが,動物,とくに鳥による散布が大きな役割を果たしている.
    • 植物は果実で鳥を引きつける.
    • 鳥は植物の種子をペリットとして吐き出したり,糞として排泄したり,種子を含む果実を地中や巣に持ち帰ることで散布する.

種子散布に重要な鳥の特徴

  • 長い移動距離
    • 鳥は海を越えるほどの長距離を移動する.これによって植物は分布域を拡大する機会を得る.
  • 歯を持たない
    • 種子を丸飲みにすることで,完全に破壊することなく糞として排泄する.
  • 優れた視覚
    • 鳥は優れた視覚・色覚を持っているので,熟して色づいた果実を見つけることに長けている.

鳥散布に重要な植物の特徴

  • 枝先の果実
    • 果実を樹上の枝先につけることで,鳥類からは食べられ,地上性の哺乳類からは食べられない.
    • 熟してからも枝から落ちない.
    • 鳥散布型の植物で赤い果実をつける植物は多く,森林の中で目立つことで鳥を引きつける.
    • 黒い果実をつける植物も多い.これらのなかには,萼片や茎が赤くなるものがあり,黒と赤の形態的な二色表示で鳥を引きつける.
    • 成熟していくとともに緑から黒,黒から赤へと徐々に色を変え,黒と赤の果実を混在させ,時間的な二色表示で鳥を引きつけるものもある.

ギャラリー

関連ページ

文献

  • Andreies, A. J. & Carsey, K. S. & Mellmann-Brown, S. & Powell, M. L. & Tomback, D. F. 2001. Delayed seed germination in Whitebark Pine and regeneration petterns following the Yellowstone fires. Ecology. 82: 2587–2600.
  • Devault, T. L. & Johnson, M. D. & Kelly, D. & Sekercioglu, C. G. & Tomback, D. F. & Wenny, D. G. & Whelan, C. J. 2011. Perspectives in ornithology the need to quantify ecosystem services provided by birds. Auk. 128: 1–14.
  • Figuerola, J. & Green, A. J. 2002. Dispersal of aquatic organisms by waterbirds: a review of past research and priorities for future studies. Freshwater Biol. 47: 483–494.
  • Figuerola, J. & Green, A. J. 2002. How frequent is external transport of seeds and invertebrate eggs by waterbirds? A study in Doñana, SW Spain. Arch. Hydrobiol 155(4): 557–565.
  • Fukui, A. 1995. The role of the Brown-Eared Bulbul Hypsypetes amaurotis as a seed dispersal agent. Res. Popul. Ecol. 37(2): 211–218.
  • Roberts, C. R. 1979. The evolution of avian food-storing behavior. Am. Nat. 114: 418–438.
  • Wheelwright, N. T. 1985. Fruit size, gape width, and the diets of fruit-eating birds. Ecology. 66: 808–818.
  • 安藤温子・安藤正規・井鷺裕司. 2020. 植物食性動物を対象とした食性解析手法. 日本生態学会誌. 70: 77–89. [Ando, H. & Ando, M & Isagi, Y. Analyses methods to detect herbivore diet. Jpn. J. Ecol. 70: 77–89.]
  • 安藤温子・安藤正規・井鷺裕司・小村健人・向井喜果. 2020. DNAメタバーコディングによる野生動物の食性解析手法. 日本生態学会誌. 70: 71¬–¬75. [Ando, H. & Ando, M. & Isagi, Y. & Komura, T. & Mukai, H. 2020. Methods of wildlife dietary analyses based on DNA metabarcoding. Jpn. J. Ecol. 70: 71–75.]
  • 岡本素治. 1992. 鳥と多肉果のもちつもたれつの関係. 生物科学. 44
  • 岡本素治. 1999. 実をつけた木の下でのシードトラップ実験. 上田恵介(編著), 種子散布, 助け合いの進化論1, 鳥が運ぶ種子, 築地書館, 東京.
  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥 Birds in Miyajima. 176 pp. 日本写真印刷株式会社, 京都.
  • 橋口大介・上田恵介. 1990. 果実食者としてのムクドリSturnus cineraceus ―“ペリット”分析の有効性―. Strix. 9: 55–61. [Hashiguchi, D. & Ueda, K. 1990. The gray starling Sturnus cineraceus as a fruit-eater : analysis of regurgitated seeds. Strix. 9: 55–61.]
  • 紙谷智彦. 1999. 果実の二色ディスプレイ戦略. 上田恵介(編著), 種子散布, 助け合いの進化論1, 鳥が運ぶ種子, 築地書館, 東京.
  • 酒井敦・佐藤重穂. 2005. 針葉樹人工林におけるアカメガシワの種子散布者としての鳥類. 日本鳥学会誌. 54: 23–28. [Sakai, A. & Sato, S. 2005. Birds as dispersers of Mallotus japonicus in a coniferous plantation. Jpn. J. Ornithol. 54: 23–28.]
  • 小南陽亮. 1992. 鳥類に食べられて運ばれた種子の空間分布. 生物科学. 44
  • 沼田真. 1981. 種子の科学―生態学の立場から―. 214 pp. 研成社, 東京.
  • 上田恵介. 1992. 意外な鳥の意外な好み. 生物科学. 44
  • 中西弘樹. 1999. 鳥散布果実の色と大きさ. 上田恵介(編著), 種子散布, 助け合いの進化論1, 鳥が運ぶ種子, 築地書館, 東京.
  • 湯本貴和. 1992. 動物は種子散布とどのように関わっているか?. 生物科学. 44
  • 藤井弘茂. 1975. 厳島(宮島)並びにその周辺海域における鳥類, 鳥類の経年変動について. 天然記念物瀰山原始林・特別名勝厳島緊急調査委員会(編), 厳島の自然, 総合学術調査研究報告, pp. 395–408. 宮島町, 広島. [Fujii, H. 1975. The birds of Itsukushima (Miyajima) Island and the surrounding waters: A study of the yearly changes in the avian population. In Committee for the Urgent Investigation of the Primeval Forest and Scenic Reserves of Itsukushima (Miyajima) Island, Land and Life in Itsukushima, Scientific Studies of Itsukushima Island, Southwestern Japan, pp. 395–408. Miyajima-cho, Hiroshima.]
  • 風間健太郎. 2015. 鳥類がもたらす生態系サービス:概説. 日本鳥学会誌. 64: 3–23. [Kazama, K. 2015. Ecosystem services provides by birds: an overview. Jpn. J. Ornithol. 64: 3–23.]
  • 福居信幸・上田恵介. 1992. 果実食者としてのカラス類Corvus spp.: ウルシ属Rhus spp. に対する選好性. 日本鳥学会誌. 40: 67–74. [Fukui, N. & Ueda, K. 1992. [Fruit food of Corvus corone and C. macrorhynchos: analysis of seeds collected at the pre-roosting sites. Jpn. J. Ornithol. 40: 67–74.]

デジタル自然史博物館