差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
161 バイト追加 、 2019年9月14日 (土) 08:59
編集の要約なし
3行目: 3行目:  
[[ファイル:20190804オヤニラミ_山県郡北広島町江の川水系_池田撮影_IMG_47134s.JPG|200px|thumb|right|オヤニラミ.鰓ぶたの上に眼のような模様があり,「ヨツメ」の方言をもつ.(広島県山県郡北広島町江の川水系; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2019)]]
 
[[ファイル:20190804オヤニラミ_山県郡北広島町江の川水系_池田撮影_IMG_47134s.JPG|200px|thumb|right|オヤニラミ.鰓ぶたの上に眼のような模様があり,「ヨツメ」の方言をもつ.(広島県山県郡北広島町江の川水系; 撮影: 池田誠慈, Aug. 4, 2019)]]
   −
=オヤニラミ =
+
=オヤニラミ ''Coreoperca kawamebari''=
 
==分類==
 
==分類==
 
動物界 Animalia
 
動物界 Animalia
14行目: 14行目:  
> スズキ亜目 Percoidei  
 
> スズキ亜目 Percoidei  
 
> ケツギョ科 Sinipercidae
 
> ケツギョ科 Sinipercidae
 
+
> オヤニラミ属 ''Coreoperca''
 +
> オヤニラミ ''Coreoperca kawamebari''
    
==解説==
 
==解説==
*京都から北九州までと,熊本県の一部と香川県の一部に生息.
+
*京都府桂川水系(保津川)・由良川以西の本州,四国北東部,九州北部に分布.国外では朝鮮半島南部.
 
*広島県は分布のほぼ中央に位置し,各水系に分布する.
 
*広島県は分布のほぼ中央に位置し,各水系に分布する.
 
*水中植物の多い流れの緩やかなところにすみ,繁殖する.
 
*水中植物の多い流れの緩やかなところにすみ,繁殖する.

案内メニュー