差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
編集の要約なし
1行目: 1行目: −
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のサンショウウオ・イモリ]] > [[カスミサンショウウオ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のサンショウウオ・イモリ]] > [[カスミサンショウウオ種群]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
 
[[ファイル:20160403カスミサンショウウオ成体オス_三原市_池田撮影_IMG_8825.JPG|200px|thumb|right|アキサンショウウオ成体(オス).尾は側扁し,上下に黄条は出ていない.(広島県三原市; 撮影: 池田誠慈, Apr. 3, 2016)]]
 
[[ファイル:20160403カスミサンショウウオ成体オス_三原市_池田撮影_IMG_8825.JPG|200px|thumb|right|アキサンショウウオ成体(オス).尾は側扁し,上下に黄条は出ていない.(広島県三原市; 撮影: 池田誠慈, Apr. 3, 2016)]]
 
[[ファイル:20090201イワミサンショウウオ成体オス_島根県益田市_大川撮影_IMGP6121s.JPG|200px|thumb|right|イワミサンショウウオ成体(オス).尾の上下に明瞭な黄条がある.後肢の趾(あしゆび)の数は4本の個体がほとんどを占める.(島根県益田市; 撮影: 大川博志, Feb. 1, 2009)|link=イワミサンショウウオ]]
 
[[ファイル:20090201イワミサンショウウオ成体オス_島根県益田市_大川撮影_IMGP6121s.JPG|200px|thumb|right|イワミサンショウウオ成体(オス).尾の上下に明瞭な黄条がある.後肢の趾(あしゆび)の数は4本の個体がほとんどを占める.(島根県益田市; 撮影: 大川博志, Feb. 1, 2009)|link=イワミサンショウウオ]]
 
[[ファイル:20130119_カスミサンショウウオ成体_島根県松江市_大川撮影_IMG_0834.JPG|200px|thumb|right|サンインサンショウウオ成体.尾は側扁し,上下に黄条(黄色い筋)が強く出る.(島根県松江市; 撮影: 大川博志, Jan. 19, 2013)]]
 
[[ファイル:20130119_カスミサンショウウオ成体_島根県松江市_大川撮影_IMG_0834.JPG|200px|thumb|right|サンインサンショウウオ成体.尾は側扁し,上下に黄条(黄色い筋)が強く出る.(島根県松江市; 撮影: 大川博志, Jan. 19, 2013)]]
 +
[[ファイル:20180407セトウチサンショウウオ成体オス_広島県南部_池田撮影_IMG_26868s.JPG|200px|thumb|right|セトウチサンショウウオ成体(オス).尾は側扁し,尾の上下に黄条は出ない.(広島県南部; 撮影: 池田誠慈, Apr. 7, 2018)]]
 
[[ファイル:20150531カスミサンショウウオ高地型成体池田撮影IMG_1160.JPG|200px|thumb|right|ヒバサンショウウオ(旧カスミサンショウウオ高地型).側面と腹面に地衣状斑紋がある.尾は側扁せず棒状.(広島県北部; 撮影: 池田誠慈, May 31, 2015)]]
 
[[ファイル:20150531カスミサンショウウオ高地型成体池田撮影IMG_1160.JPG|200px|thumb|right|ヒバサンショウウオ(旧カスミサンショウウオ高地型).側面と腹面に地衣状斑紋がある.尾は側扁せず棒状.(広島県北部; 撮影: 池田誠慈, May 31, 2015)]]
[[ファイル: 20040323カスミサンショウウオ成体オス腹面_岡山県浅口市_大川撮影.JPG|200px|thumb|right|セトウチサンショウウオ成体(オス)の腹面.繁殖期のオスは下あごが白くなり総排泄腔周辺が膨らむ.(岡山県浅口市; 撮影: 大川博志, Mar. 23, 2004)]]
+
[[ファイル:20190805ヤマグチサンショウウオ当歳01_大分県北部産_宗像撮影_RING3634s.JPG|200px|thumb|right|ヤマグチサンショウウオの幼体(当歳,飼育個体).尾の上下に明瞭な黄条がある.(大分県北部産; 撮影: 宗像優生, Aug. 5, 2019)|link=ヤマグチサンショウウオ]]
 +
[[ファイル:20190805アブサンショウウオ幼体1歳01_山口県中部_宗像撮影_RIMG3639s.JPG|200px|thumb|right|アブサンショウウオの幼体(1歳,飼育個体)(山口県中部産; 撮影: 宗像優生, Aug. 5, 2019)]]
 
[[ファイル:20160612カスミサンショウウオ_広島県北部_池田撮影_IMG_11524.JPG|200px|thumb|right|ヒバサンショウウオの幼生(広島県北部; 撮影: 池田誠慈, Jun. 12, 2016)]]
 
[[ファイル:20160612カスミサンショウウオ_広島県北部_池田撮影_IMG_11524.JPG|200px|thumb|right|ヒバサンショウウオの幼生(広島県北部; 撮影: 池田誠慈, Jun. 12, 2016)]]
 
[[ファイル:20160507カスミサンショウウオ幼生_広島県中部_池田撮影_IMG_10043_10046.JPG|200px|thumb|right|アキサンショウウオの幼生(上が背面,下が側面).胴体から尾に黒褐色の小斑点が密に現れる.(広島県中部; 撮影: 池田誠慈, May 7, 2016)]]
 
[[ファイル:20160507カスミサンショウウオ幼生_広島県中部_池田撮影_IMG_10043_10046.JPG|200px|thumb|right|アキサンショウウオの幼生(上が背面,下が側面).胴体から尾に黒褐色の小斑点が密に現れる.(広島県中部; 撮影: 池田誠慈, May 7, 2016)]]
25行目: 27行目:  
==解説==
 
==解説==
 
*本州(愛知県以西)・四国・九州・壱岐島に分布する日本固有種をカスミサンショウウオ1種としていたが,9種に再分類された(Matsui et al. 2019).
 
*本州(愛知県以西)・四国・九州・壱岐島に分布する日本固有種をカスミサンショウウオ1種としていたが,9種に再分類された(Matsui et al. 2019).
*広島県では,県南部から中国山地にかけて[[アキサンショウウオ|アキサンショウウオ ''Hynobius akiensis''(編集中)]],[[イワミサンショウウオ|イワミサンショウウオ ''Hynobius iwami'']],[[セトウチサンショウウオ|セトウチサンショウウオ ''Hynobius setouchi'']],[[ヒバサンショウウオ|ヒバサンショウウオ ''Hynobius utsunomiyaorum'']]の4種が生息.
+
*広島県では,県南部から中国山地にかけて[[アキサンショウウオ|アキサンショウウオ ''Hynobius akiensis'']],[[イワミサンショウウオ|イワミサンショウウオ ''Hynobius iwami'']],[[セトウチサンショウウオ|セトウチサンショウウオ ''Hynobius setouchi'']],[[ヒバサンショウウオ|ヒバサンショウウオ ''Hynobius utsunomiyaorum'']]の4種が生息.
 
*成体の模様,尾の上下に黄色い筋があるものとないもの,後肢の趾(あしゆび)の数,卵のうの形状と卵の数,繁殖期の違いなど,非常に変異に富んだものが含まれていた.
 
*成体の模様,尾の上下に黄色い筋があるものとないもの,後肢の趾(あしゆび)の数,卵のうの形状と卵の数,繁殖期の違いなど,非常に変異に富んだものが含まれていた.
*県内では中国山地脊梁部に分布する高地型と県南部の低地型と2つの型が報告されたが(比婆科学教育振興会,1996;宇都宮・宇都宮,1998),上記のような特徴からいくつかの地方型にする考えがあった(大川ほか,2005:大川ほか,2009).
+
*県内では中国山地脊梁部に分布する高地型と県南部の低地型と2つの型が報告されたが(比婆科学教育振興会,1996;宇都宮・宇都宮,1998),上記のような特徴からいくつかの地方型にする考えがあった(大川ほか,2005;大川ほか,2009).
 
*繁殖期以外に成体を観察するのは困難.繁殖期は,多くは3月頃ピークで,[[ヒバサンショウウオ|ヒバサンショウウオ(旧カスミサンショウウオ高地型)]]は遅れて4月中旬~5月上旬.湧水や湿地で産卵が行われる.
 
*繁殖期以外に成体を観察するのは困難.繁殖期は,多くは3月頃ピークで,[[ヒバサンショウウオ|ヒバサンショウウオ(旧カスミサンショウウオ高地型)]]は遅れて4月中旬~5月上旬.湧水や湿地で産卵が行われる.
 
*繁殖期のオスは下あごが白くなり,総排泄腔周辺が大きく膨らむのでメスと区別できる.
 
*繁殖期のオスは下あごが白くなり,総排泄腔周辺が大きく膨らむのでメスと区別できる.
*ふ化した幼生の大部分は秋までに変態するが,一部越冬して翌年変態する.
      
==天然記念物・RDB==
 
==天然記念物・RDB==
49行目: 50行目:  
*やぶどじょう(滋賀県)
 
*やぶどじょう(滋賀県)
 
*とことこ(壱岐島)
 
*とことこ(壱岐島)
 +
 +
==他県のカスミサンショウウオ種群==
 +
*カスミサンショウウオ ''Hynobius nebulosus''
 +
*[[ヤマグチサンショウウオ|ヤマグチサンショウウオ ''Hynobius bakan'']]
 +
*[[アブサンショウウオ|アブサンショウウオ ''Hynobius abuensis'']]
 +
*サンインサンショウウオ ''Hynobius setoi''
 +
*ヤマトサンショウウオ ''Hynobius vandenburghi''
    
==備考==
 
==備考==
83行目: 91行目:     
----
 
----
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のサンショウウオ・イモリ]] > [[カスミサンショウウオ]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
+
<span style="font-size:10">[https://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [https://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [[メインページ]] > [[郷土の動物|郷土の動物]] > [[広島県のサンショウウオ・イモリ]] > [[カスミサンショウウオ種群]] | [[広島県の動物図鑑]] / [[広島県の動物図鑑/和名順/ブロック|和名順]] </span>
    
[[Category:動物]]
 
[[Category:動物]]

案内メニュー