差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
編集の要約なし
16行目: 16行目:  
その具体的な種数に関しては亜種などの決着が付いていないものも多く一概には言えないが,現時点では25,000種以上が確認されており,つまり魚類は全脊椎動物の半数以上を占める生物となっている.またCohen(1970)によれば,これらの魚類のうちいわゆる「海水魚」は約58%を占めており,これを計算してみればおよそ15,000種前後が海洋に棲息していることが分かる.しかし1976年に5 m近いメガマウスザメ(''Megachasma pelagios'')が初めて発見されるなど,未だ未記録・未発見の魚種が現れる可能性は高く,これらの数字はあくまで暫定的なものである.
 
その具体的な種数に関しては亜種などの決着が付いていないものも多く一概には言えないが,現時点では25,000種以上が確認されており,つまり魚類は全脊椎動物の半数以上を占める生物となっている.またCohen(1970)によれば,これらの魚類のうちいわゆる「海水魚」は約58%を占めており,これを計算してみればおよそ15,000種前後が海洋に棲息していることが分かる.しかし1976年に5 m近いメガマウスザメ(''Megachasma pelagios'')が初めて発見されるなど,未だ未記録・未発見の魚種が現れる可能性は高く,これらの数字はあくまで暫定的なものである.
   −
* [[魚類図鑑_種とは|種とは]]
+
*[[種とは_魚類図鑑|種とは]]
   −
== 日本人と魚 ==
+
==日本人と魚==
 
日本は周囲を海洋に囲まれていることもあり,一般に海洋と非常に密接した生活スタイルをとっている.食糧資源としての利用はもちろんのこと,釣り・ダイビングなどのレジャー,飼育などで積極的に魚類と関わりを持ち,また47都道府県の中に100以上の「水族館,「水族科学館」と呼べる施設があるなど,その魚類への関心の高さは世界でも群を抜いていると言える.
 
日本は周囲を海洋に囲まれていることもあり,一般に海洋と非常に密接した生活スタイルをとっている.食糧資源としての利用はもちろんのこと,釣り・ダイビングなどのレジャー,飼育などで積極的に魚類と関わりを持ち,また47都道府県の中に100以上の「水族館,「水族科学館」と呼べる施設があるなど,その魚類への関心の高さは世界でも群を抜いていると言える.
   −
== 備考 ==
+
==目次==
 
{{テンプレート:魚類図鑑}}
 
{{テンプレート:魚類図鑑}}
   −
== 参考文献 ==
+
==参考文献==
* 中坊徹次(編).  2013.  日本産魚類検索 全種の同定, 3版.  xlix + xxxii + xvi + 2428 pp.  東海大学出版会, 秦野.
+
*中坊徹次(編).  2013.  日本産魚類検索 全種の同定, 3版.  xlix + xxxii + xvi + 2428 pp.  東海大学出版会, 秦野.
* Sato, T & Nakabo, T.  2002.  Ichthyol. Res. 1: 25-46.
+
*Sato, T & Nakabo, T.  2002.  Ichthyol. Res. 1: 25-46.
    
----
 
----

案内メニュー