差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
31 バイト除去 、 2015年7月20日 (月) 22:18
編集の要約なし
25行目: 25行目:  
* 幼生はその年には変態せず,越冬して翌年の夏に変態するものが多い.
 
* 幼生はその年には変態せず,越冬して翌年の夏に変態するものが多い.
 
* 成体は特にアメリカザリガニや昆虫などを好んで食べるが,魚やカエルなど水辺の小動物も食べる.
 
* 成体は特にアメリカザリガニや昆虫などを好んで食べるが,魚やカエルなど水辺の小動物も食べる.
* 変態直後の幼体が[[トノサマガエル]]と混同される時があるが,[[トノサマガエル]]より鼓膜が大きく(眼径の0.9~1.7倍),背中線・背側線がないことで区別できる.
+
* 変態直後の幼体が[[トノサマガエル]]と混同される時があるが,鼓膜が大きく(眼径の0.9~1.7倍),背中線・背側線がないことで区別できる.
 
* 雌雄の区別は,オスは前肢第1指に婚姻瘤(こんいんりゅう)をもつこと,オスの鼓膜の直径は眼径よりもかなり大きくなること(眼径の1.3~1.7倍)で区別できる.
 
* 雌雄の区別は,オスは前肢第1指に婚姻瘤(こんいんりゅう)をもつこと,オスの鼓膜の直径は眼径よりもかなり大きくなること(眼径の1.3~1.7倍)で区別できる.
 
* 種小名は18世紀初めに米国各地で採集を行った英国人マーク・ケーツビー(Mark Catesby)氏に献名したもの.
 
* 種小名は18世紀初めに米国各地で採集を行った英国人マーク・ケーツビー(Mark Catesby)氏に献名したもの.

案内メニュー