差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
14行目: 14行目:  
井上侑哉・内田慎治・坪田博美.  2013.  日本産ハナシセンボンゴケで新たに確認された塊状体.  Hikobia 16: 299-302.
 
井上侑哉・内田慎治・坪田博美.  2013.  日本産ハナシセンボンゴケで新たに確認された塊状体.  Hikobia 16: 299-302.
   −
[[Tortula_truncata|ハナシセンボンゴケ''Tortula truncata'' (Hedw.) Mitt.]]は温帯を中心に世界的に広く分布するセンボンゴケ科の頂蘚類である.国内では本州および四国,九州で報告されているが比較的稀な種であり,近年その生育は確認されていなかった.今回広島県内の3か所で本種の生育を確認した.本種は日当たりの良い畑の土上に生育しており,これまで日本産の植物体では確認されていなかった塊状体がはじめて確認された.
+
[[Tortula_truncata|ハナシセンボンゴケ''Tortula truncata'' (Hedw.) Mitt.]]は温帯を中心に世界的に広く分布する[[Pottiaceae|センボンゴケ科]]の頂蘚類である.国内では本州および四国,九州で報告されているが比較的稀な種であり,近年その生育は確認されていなかった.今回広島県内の3か所で本種の生育を確認した.本種は日当たりの良い畑の土上に生育しており,これまで日本産の植物体では確認されていなかった塊状体がはじめて確認された.
    
----
 
----

案内メニュー