差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
ページの作成: <span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [htt…
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[チシマネコノメソウ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>

= チシマネコノメソウ ''Chrysosplenium kamtschaticum'' Fisch. =

== シノニム ==

=== その他 ===

== 分類 ==
種子植物門 Spermatophyta
> 被子植物亜門 Angiospermae
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
> [[ユキノシタ科|ユキノシタ科 Saxifragaceae]]
> [[ネコノメソウ属|ネコノメソウ属 ''Chrysosplenium'']]

== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
* 本編には掲載されなかったが,県内産の資料を用いて細胞遺伝学的な研究がなされていた(Funamoto & Tanaka 1989).茎葉の状態によってミチノクネコノメソウ(var. aomorense (Franch.) Hara)を別変種にする場合があるが,明確には区別できないという見解もある(Wakabayashi 2001).
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
=== 花期 ===

== 分布・産地・天然記念物 ==
=== 分布 ===
=== 産地 ===
=== 天然記念物 ===
== 標本 ==
* 吉和村(hbg-15713),戸河内町(hbg-17570,ミチノクネコノメソウ型)
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
=== 慣用名 ===

=== 英名 ===
=== 広島県方言 ===

== 備考==
* 環境庁コード:

== 文献(出典) ==
* Funamoto & Tanaka(1989),世羅(2009)
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる

[[Category:広島県の植物]]
[[Category:イ]]
[[Category:C]]
[[Category:被子植物]]
[[Category:ユキノシタ科]]
16,832

回編集

案内メニュー