差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
ページの作成: <span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [htt…
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[ケナシベニバナヤマシャクヤク]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>

= ケナシベニバナヤマシャクヤク ''Paeonia obovata'' Maxim. f. ''glabra'' (Makino) Kitam. =

== シノニム ==
* ''Paeonia obovata'' Maxim. var. ''glabra'' Makino(世羅ほか 2010で採用.)

=== その他 ===

== 分類 ==
種子植物門 Spermatophyta
> 被子植物亜門 Angiospermae
> 双子葉植物綱 Dicotyledoneae
> [[ボタン科|ボタン科 Paeoniaceae]]
> [[ボタン属|ボタン属 ''Paeonia'']]

== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
* 本編では,軽微な差で区別される変種や品種は取り上げなかったことと,現在確認されている本変種の生育地が耕作跡地の植林地なので植栽された可能性があるということから掲載されなかった.しかし,この生育地にはスズムシバナなど比較的自然度の高い場所に自生する植物が多く見られ,また本変種も自生状態で生育している.

<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
=== 花期 ===

== 分布・産地・天然記念物 ==
=== 分布 ===
=== 産地 ===
=== 天然記念物 ===
== 標本 ==
* 広島市安佐北区(hbg-15396)
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
=== 慣用名 ===

=== 英名 ===
=== 広島県方言 ===

== 備考==
* 環境庁コード:

== 文献(出典) ==
* 井波(1988)
----
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる

[[Category:広島県の植物]]
[[Category:ケ]]
[[Category:T]]
[[Category:被子植物]]
[[Category:ボタン科]]
16,832

回編集

案内メニュー