差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
1,866 バイト追加 、 2010年8月31日 (火) 11:01
編集の要約なし
1行目: 1行目: −
= カタクリ =
+
<span style="font-size:10">[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] > [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] > [[郷土の植物|郷土の植物]] > [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] > [[カタクリ]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]]</span>
   −
''Erythronium''' '''japonicum'' Decne
+
= カタクリ ''Erythronium'' ''japonicum'' Decne=
   −
ユリ科
+
== シノニム ==
 +
=== その他 ===
    +
== 分類 ==
 +
種子植物門 Spermatophyta
 +
> 被子植物亜門 Angiospermae
 +
> 単子葉植物綱 Monocotyledoneae
 +
> [[ユリ科|ユリ科 Liliaceae]]
 +
> [[カタクリ属|カタクリ属 ''Erythronium'']]
    
== 解説==
 
== 解説==
<!--この植物の解説・写真等をここに記入します -->
  −
<!--=DESCRIPTION ここから (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
      +
=== 花期 ===
   −
<!--=END ここまで (DO NOT REMOVE THIS LINE この行を消さないでください) -->
+
== 分布・産地・天然記念物 ==
 +
=== 分布 ===
 +
* 吉備高原面から中国山地に分布し,県の中部から東部に分布が偏っている.
 +
* とくに石灰岩地帯では群生地がある.
 +
* 向原町,上下町,東城町などでは町の保護のもとに,一般にも公開され,花の時期には多数の人々が訪れている.
   −
== 慣用名==
+
=== 産地 ===
 +
=== 天然記念物 ===
 +
* 三良坂町天「カタクリ」(全域).
    +
== 標本 ==
 +
* 八千代町佐々井(yy-10553),三良坂町皆瀬(yy-8560),福富町鷹ノ巣山(yy-7789),広島市古屋(yw-2965),三次市山家(yy-14524),甲山町甲山(ns-793),吉和村冠山(yh-85),河内町入野(sf-6086),油木町下谷(sf-6294),吉舎町敷地(ts-960621),府中市久佐(sf-261)
 +
 +
== 慣用名・英名・広島県方言 ==
 +
=== 慣用名 ===
 +
 +
=== 英名 ===
 +
=== 広島県方言 ===
    
== 備考==
 
== 備考==
 
* 環境庁コード: 61730
 
* 環境庁コード: 61730
    +
== 文献(出典)==
 +
* 河毛(1974),土井(1983),広島市教育委員会(1988),山下(1988),井波(1990),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)
 +
----
 +
[http://www.hiroshima-u.ac.jp/index-j.html 広島大学] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/ デジタル自然史博物館] / [http://www.digital-museum.hiroshima-u.ac.jp/~museum/plant/ 植物] / [[郷土の植物|郷土の植物]] / [[郷土の植物/維管束植物|維管束植物]] | [[広島県の植物図鑑]] / [[広島県植物誌/和名順/ブロック|和名順]] にもどる
   −
== 文献(出典)==
+
[[Category:広島県の植物]]
* 広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(編).  1997.  広島県植物誌.  Pp. 832.  中国新聞社, 広島.
+
[[Category:カ]]
 +
[[Category:被子植物]]
 +
[[Category:ユリ科]]
2,666

回編集

案内メニュー