差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
編集の要約なし
54行目: 54行目:  
===2月===
 
===2月===
 
*2016.02.13 環境省主催「こどもホタレンジャー2015」環境大臣賞(最優秀賞)受賞, 環境省, 豊栄町ふるさと大好き探検隊~里山のたからものを守る~
 
*2016.02.13 環境省主催「こどもホタレンジャー2015」環境大臣賞(最優秀賞)受賞, 環境省, 豊栄町ふるさと大好き探検隊~里山のたからものを守る~
 +
*清水則雄, 環境省中国環境パートナーシップオフィス~生物多様性の維持と地域の活性化を実現し、青い地球を残すための広島セミナー~「特別天然記念物オオサンショウウオの保全活動−地域・大学・自治体の協働−, 2016年10月19日, 環境省中国環境パートナーシップオフィス, 広島市
    +
*清水則雄, 日本学術会議主催学術フォーラム 持続可能な社会の実現に向けた草の根活動の振興-IYGU(国際地球理解年)の試み, シンボル種オオサンショウウオの草の根型保全活動と地域・自治体・大学の協働,  2016年12月03日, 日本学術会議, 東京
    +
 +
==2017年==
 +
2017-2020年
 +
*科学研究費補助金(基盤研究C), 地域と連携したエコミュージアム化の実践的研究:オオサンショウウオの保全に向けて,採択.
 +
 +
*清水則雄, 大阪大学21世紀懐徳堂 第2回21世紀懐徳堂シンポジウム「大学ミュージアムの未来~ミュージアムピースを活用した大学の「コトづくり」~」, 大学博物館が推進する地域貢献活動の展開~オオサンショウウオが輝く賀茂台地エコミュージアムの形成をめざして~, 2017年10月17日, 大阪大学21世紀懐徳堂, 大阪大学中之島センター,大阪市
 +
 +
*ASANO Toshihisa and SHIMIZU Norio, Asian Wetland Symposium 2017, Protection and utilization of the Japanese giant salamander Andrias japonicus in Toyosaka district, Higashi-Hiroshima city.,  2017年11月08日, AWS2017 Executive Committee, Saga, Japan
 +
 +
*「あなたの街の大学博物館・図書館 ~目的と役割、現状と未来~」 大学博物館の目的と役割~地域への貢献~, 清水則雄, 山口県大学ML連携シンポジウム, 2017年12月10日, 招待, 日本語, 山口県大学, 山口県立図書館,山口市
 +
 +
==2018年==
 +
*Protection and utilization of the Japanese giant salamander Andrias japonicus in Toyosaka district, Higashi-Hiroshima city, Norio Shimizu and Toshihisa Asano, 公開シンポジウム「流域における水環境保全と持続可能な利用のための連携~里水~」, 2018年06月24日, 招待, 英語, 広島大学陸域環境研究会, 岡山国際交流センター 国際会議場
 +
*西日本豪雨による被災・個体群の大流出
 +
 +
==2019年==
 +
ダーウィンが来た!生きもの新伝説 第587回「守れ!オオサンショウウオ 豪雨からの復活大作戦!」, NHK科学番組, 2019年/03月/03日, 出演, テレビ・ラジオ番組, メディア
 +
関連URL
 +
 +
 +
『オオサンショウウオと暮らすための50のこと』 出版
 +
 +
 +
賀茂台地エコミュージアムとオオサンショウウオの保護活動, 清水則雄, エコミュージアム研究会, 2019年03月21日, 通常, 日本語, 日本エコミュージアム研究会(JECOMS), 広島県東広島市広島大学
 +
 +
西日本豪雨災害の東広島市椋梨川オオサンショウウオ個体群への影響, 清水則雄・土岡健太・桑原一司, 2019年度 生物系(動物・植物・生態)三学会中国四国支部大会 広島大会, 2019年05月12日, 通常, 日本語, 2019年度 生物系三学会中国四国支部大会 広島大会事務局, 東広島市
 +
 +
共同通信社(KYODO)の取材にて、流失のオオサンショウウオを守れ 豪雨被害の広島、プールで育成, , 2019年/05月/05日, 2019年/05月/05日, 全国の新聞社に情報発信,掲載.
 +
 +
国際博物館会議への参加・発表
 +
Conservation and utilization of local heritage by Kamo plateau eco-museum, Higashi-Hiroshima city in Japan, Toshihisa Asano, Norio Shimizu, Taiki Sato, Tsugifumi Fujino, Eriko Ishimaru, International council of museums (ICOM), 2019年09月04日, 通常, 英語, The ICOM KYOTO 2019 Congress Secretariat, KYOTO
 
==2020年==
 
==2020年==
 
*一時保護施設「オオサンショウウオの宿」東広島市と協働で開設
 
*一時保護施設「オオサンショウウオの宿」東広島市と協働で開設
 
*2020年05月25日, AmazonPODの個人出版大賞|ネクパブPODアワード2020 グランプリ受賞, 株式会社インプレスR&D, オオサンショウウオと暮らすための50のこと
 
*2020年05月25日, AmazonPODの個人出版大賞|ネクパブPODアワード2020 グランプリ受賞, 株式会社インプレスR&D, オオサンショウウオと暮らすための50のこと
 
**https://nextpublishing.jp/award2020/
 
**https://nextpublishing.jp/award2020/
 +
*INTERNET Watchにて授賞式の記事が掲載され, 現代ビジネス、ORICON NEWS、BIGLOBEニュース、東洋経済オンライン、時事ドットコムほか32社のオンラインページに掲載
 +
*8月28日 一時保護施設「オオサンショウウオの宿」最初の保護個体を放流
 +
*2020.10.11 朝日新聞デジタル+Yahoo!トップに掲載され、動画再生回数40万5000アクセスを記録
    
==2021年==
 
==2021年==

案内メニュー