差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
編集の要約なし
54行目: 54行目:  
===2月===
 
===2月===
 
*2016.02.13 環境省主催「こどもホタレンジャー2015」環境大臣賞(最優秀賞)受賞, 環境省, 豊栄町ふるさと大好き探検隊~里山のたからものを守る~
 
*2016.02.13 環境省主催「こどもホタレンジャー2015」環境大臣賞(最優秀賞)受賞, 環境省, 豊栄町ふるさと大好き探検隊~里山のたからものを守る~
 +
 +
 +
==2020年==
 +
*一時保護施設「オオサンショウウオの宿」東広島市と協働で開設
 +
*2020年05月25日, AmazonPODの個人出版大賞|ネクパブPODアワード2020 グランプリ受賞, 株式会社インプレスR&D, オオサンショウウオと暮らすための50のこと
 +
**https://nextpublishing.jp/award2020/
    
==2021年==
 
==2021年==
 +
*2021年- 2025年.科学研究費補助金(基盤研究B)採択, 豪雨から天然記念物オオサンショウウオを守れ!消滅を回避させる保全モデルの構築
 +
*2021年度公益財団法人サタケ技術振興財団研究助成金,東広島市豊栄町に生息するオオサンショウウオ幼生の保護・育成に関する研究
 +
*2021年度広島大学「地域の元気応援プロジェクト」, 地域と大学が連携した湯来町における、オオサンショウウオの基礎生態調査と環境保全活動
 
===7月===
 
===7月===
 
*豪雨災害後の成体の生存状況を確認した.さらに上流から流されてきたであろう新規の個体が見つかった.そのうちの1頭は全長38 cmで,椋梨川水系で長年確認されていなかった30 cm台の個体だった.
 
*豪雨災害後の成体の生存状況を確認した.さらに上流から流されてきたであろう新規の個体が見つかった.そのうちの1頭は全長38 cmで,椋梨川水系で長年確認されていなかった30 cm台の個体だった.

案内メニュー