差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
編集の要約なし
12行目: 12行目:  
===2月===
 
===2月===
 
*十数年ぶりに幼生を発見.
 
*十数年ぶりに幼生を発見.
 +
 +
===2012年04月-2013年03月===
 +
広島大学地域連携推進事業タイプB(地域協働型), 東広島市における国の特別天然記念物大サンショウウオの分布調査と教育普及活動に採択.本格的な調査を開始.
 +
 
===9月===
 
===9月===
 
*十数年ぶりに繁殖を確認.
 
*十数年ぶりに繁殖を確認.
26行目: 30行目:     
==2014年==
 
==2014年==
 +
*2014-2016年:科学研究費助成事業(若手研究(B)), 天然記念物オオサンショウウオの保全に向けて大学博物館が開発する環境教育プログラムに採択.
 +
 +
===3月===
 +
*2014年03月28日 国際シンポジウムで成果発表
 +
*Norio Shimizu, Hiromi Yamasaki, Chika Hashimoto, Kenta Tsuchioka, Tetsuo Takamatsu, Susumu Ueda, Katsunori Sato, Kanji Kato and Kazushi Kuwabara, Conservation of the Japanese giant salamander ''Andrias japonicus'' at Toyosaka, Higashi-Hiroshima, Japan.,  International Symposium:Frontiers in Amphibian Biology: Endangered Species Conservation and Genome Editing.
 
===5月===
 
===5月===
 
*LINEスタンプ配信開始.
 
*LINEスタンプ配信開始.
32行目: 41行目:  
===11月===
 
===11月===
 
*安佐動物公園シンポジウムで発表.
 
*安佐動物公園シンポジウムで発表.
 +
===12月===
 +
*全国の関係者に情報発信
 +
*第30回水郷水都全国会議東広島大会, 2014年12月,オオサンショウウオの保護活動 ー地域・大学・自治体による協働ー , 清水 則雄,
    
==2015年==
 
==2015年==
 
===3月===
 
===3月===
 
*副読本「オオサンショウウオがいるらしい」出版.
 
*副読本「オオサンショウウオがいるらしい」出版.
 +
===4月===
 +
*全国エヒメアヤメサミット三原大会シンポジウム「天然記念物と共生するまちづくり」里山の天然記念物オオサンショウウオの保護活動 ー地域・大学・自治体による協働ー , 清水 則雄, , 2015年04月
 +
 +
==2016年==
 +
===2月===
 +
*2016.02.13 環境省主催「こどもホタレンジャー2015」環境大臣賞(最優秀賞)受賞, 環境省, 豊栄町ふるさと大好き探検隊~里山のたからものを守る~
    
==2021年==
 
==2021年==

案内メニュー