差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
19行目: 19行目:     
==解説==
 
==解説==
広島県は全国でアカマツ林の面積がもっとも広く,広島県(1987)によればアカマツ林の 総面積は210,700haで,そのうち人工林は27,000ha,天然林は183,700haである.広島県のアカマツ群落の研究はToyohara(1984)に詳しい.
+
広島県は全国でアカマツ林の面積がもっとも広く,[[広島県_1987|広島県(1987)]]によればアカマツ林の 総面積は210,700 haで,そのうち人工林は27,000 ha,天然林は183,700 haである.広島県のアカマツ群落の研究は[[Toyohara_1984|Toyohara(1984)]]に詳しい.
 
* 常緑針葉高木.
 
* 常緑針葉高木.
 
* マツという名は植物学上はないが,[[アカマツ]]・[[クロマツ]]とそれらの雑種である[[アイグロマツ]]が宮島には自生している.
 
* マツという名は植物学上はないが,[[アカマツ]]・[[クロマツ]]とそれらの雑種である[[アイグロマツ]]が宮島には自生している.

案内メニュー