差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
69 バイト追加 、 2021年6月25日 (金) 18:48
編集の要約なし
2行目: 2行目:     
[[ファイル:20160330カワムツ_東広島市椋梨川水系_池田撮影_IMG_8717.JPG|250px|thumb|right|[[カワムツ]](広島県東広島市椋梨川水系; 撮影: 池田誠慈, Mar. 30, 2016)]]
 
[[ファイル:20160330カワムツ_東広島市椋梨川水系_池田撮影_IMG_8717.JPG|250px|thumb|right|[[カワムツ]](広島県東広島市椋梨川水系; 撮影: 池田誠慈, Mar. 30, 2016)]]
[[ファイル:20200823カワムツ_東広島市沼田川水系_鮫島撮影_DSCN2899s.JPG|200px|thumb|right|追星と婚姻色が現れたカワムツのオス.(広島県東広島市沼田川水系; 撮影: 鮫島裕貴, Aug. 23, 2020)]]
+
[[ファイル:20200823カワムツ_東広島市沼田川水系_鮫島撮影_DSCN2899s.JPG|200px|thumb|right|追星と婚姻色が現れたカワムツのオス.(広島県東広島市沼田川水系源流域; 撮影: 鮫島裕貴, Aug. 23, 2020)]]
    
=カワムツ ''Candidia temminckii''=
 
=カワムツ ''Candidia temminckii''=
20行目: 20行目:  
*広島県では,類似種の[[ヌマムツ]]と同所的に見られる場所もあるが,より上流~中流の緩い流れに生息している.
 
*広島県では,類似種の[[ヌマムツ]]と同所的に見られる場所もあるが,より上流~中流の緩い流れに生息している.
 
*体側に幅の広い縦帯があることで[[オイカワ]]と区別できる.
 
*体側に幅の広い縦帯があることで[[オイカワ]]と区別できる.
*[[ヌマムツ]]とは,胸びれや腹びれに朱色の線が入らないこと(冬季でも幼魚でも)で区別できる.また,側線鱗数は51以下,臀鰭分岐軟条数は10.
+
*[[ヌマムツ]]とは,胸びれや腹びれに朱色の線が入らないこと(冬季でも幼魚でも)で区別できるが確実ではない.また,側線鱗数は51以下,臀鰭分岐軟条数は10.
*産卵期は初夏から夏で,この時期のオスは赤やオレンジの婚姻色(こんいんしょく)が出て,頭部や吻端に追星(おいぼし)が現れ,メスに比べ尻びれが大きくなる.
+
*産卵期は初夏から夏で,この時期のオスは赤やオレンジの婚姻色(こんいんしょく)が体や胸びれ,腹びれに表れる.また頭部や吻端に追星(おいぼし)が現れ,メスに比べ尻びれが大きくなる.
    
==天然記念物・RDB==
 
==天然記念物・RDB==
147

回編集

案内メニュー