差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
7行目: 7行目:  
*[[東広島キャンパスの生き物|動物のページ(東広島キャンパスの生き物)はこちら]]
 
*[[東広島キャンパスの生き物|動物のページ(東広島キャンパスの生き物)はこちら]]
 
==2021==
 
==2021==
 +
===5月===
 +
*キャンパス内で自生するアジサイ類です。[[コアジサイ]]は香りの強いアジサイで,明るい林縁に生えます.[[コガクウツギ]]はやや日当たりの悪い林縁部に自生し,[[ガクウツギ]]と異なり葉が先端で急に尖りません.[[イワガラミ]]は木や岩に絡みつくつる性のアジサイで,葉の表面に毛があるものはケイワガラミと呼ばれます.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210522コアジサイ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_211086s.jpg|200px|thumb|right|コアジサイ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 22, 2021)
 +
ファイル: 20210526コガクウツギ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_213572s.jpg|200px|thumb|right|コガクウツギ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 26, 2021)
 +
ファイル: 20210605イワガラミ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_218360s.jpg|200px|thumb|right|イワガラミ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 5, 2021)
 +
</gallery>
 +
 +
*キイチゴ類の実を観察することができました.キャンパス内で一番よく目にするのは[[ビロードイチゴ]]で,葉の両面に触れるとビロードのような感触があります.実は黄紅色をしています.[[生態実験園]]で主に見られるのは[[クサイチゴ]]で,低木でありながら腰より低い高さまでしか伸びません.実は比較的大きく,食べると爽やかな甘味を感じられます.[[クマイチゴ]]はキャンパスでは限られた場所にしか生えず,かつ個体数も少ないです.実は小核果が尖っているのが特徴です.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210525ビロードイチゴ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_211918s.jpg|200px|thumb|right|ビロードイチゴ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 25, 2021)
 +
ファイル: 20210525クサイチゴ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_212321s.jpg|200px|thumb|right|クサイチゴ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 25, 2021)
 +
ファイル: 20210527クマイチゴ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_213707s.jpg|200px|thumb|right|クマイチゴ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 27, 2021)
 +
</gallery>
 +
 +
林縁部では[[ササユリ]]が咲いていました.淡いピンク色の花が美しく,香りも強いです.[[スイカズラ]]はつる性で,咲始めの白い花と少し古くなった黄色い花を同時に鑑賞することができます.林床には[[シライトソウ]]が咲き,暗い森の中で一際目立つ白い花を咲かせます.
 +
 +
<gallery mode="nolines" widths="250" heights="250">
 +
ファイル: 20210526ササユリ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_212944s.jpg|200px|thumb|right|ササユリ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 26, 2021)
 +
ファイル: 20210526スイカズラ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_213623s.jpg|200px|thumb|right|スイカズラ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 26, 2021)
 +
ファイル: 20210526シライトソウ_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_213555s.jpg|200px|thumb|right|シライトソウ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 26, 2021)
 +
</gallery>
 +
 
===4月===
 
===4月===
 
*2021.04.08-05.01 東広島キャンパスでは,4月中旬から下旬にかけて[[ヤマフジ]]と[[ノダフジ]]が開花していました.両種とも酷似していますが,[[ヤマフジ]]は蔓が左巻きで花房が短く,[[ノダフジ]]は蔓が右巻きで花房が長いです.また,花期も[[ヤマフジ]]のほうが早いです.
 
*2021.04.08-05.01 東広島キャンパスでは,4月中旬から下旬にかけて[[ヤマフジ]]と[[ノダフジ]]が開花していました.両種とも酷似していますが,[[ヤマフジ]]は蔓が左巻きで花房が短く,[[ノダフジ]]は蔓が右巻きで花房が長いです.また,花期も[[ヤマフジ]]のほうが早いです.
8,976

回編集

案内メニュー