差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
21行目: 21行目:  
広島県は全国でアカマツ林の面積がもっとも広く,広島県(1987)によればアカマツ林の 総面積は210,700haで,そのうち人工林は27,000ha,天然林は183,700haである.広島県のアカマツ群落の研究はToyohara(1984)に詳しい.
 
広島県は全国でアカマツ林の面積がもっとも広く,広島県(1987)によればアカマツ林の 総面積は210,700haで,そのうち人工林は27,000ha,天然林は183,700haである.広島県のアカマツ群落の研究はToyohara(1984)に詳しい.
 
* 常緑針葉高木.
 
* 常緑針葉高木.
* マツという名は植物学上はないが,アカマツ・クロマツとそれらの雑種であるアイグロマツが宮島には自生している.盆栽で有名な「宮島五葉」は宮島の産といわれるが,現在ゴヨウマツ(一名ヒメコマツ)の自生は宮島で確認されていない.
+
* マツという名は植物学上はないが,[[アカマツ]]・[[クロマツ]]とそれらの雑種である[[アイグロマツ]]が宮島には自生している.
 +
**盆栽で有名な「宮島五葉」は宮島の産といわれるが,現在[[ゴヨウマツ]](一名[[ヒメコマツ]])の自生は宮島で確認されていない.
 
* 宮島では駒ヶ林の岩場などがアカマツの生育適地と思われる.マツの花は4月下旬に咲き,2年かかって種子が熟す.1本の枝上に次々と並んでいるから,その成熟の段階が容易に観察できる.花の時期は,クロマツの方がアカマツより早い.宮島では4月25日ごろがクロマツ,4月30日から5月はじめがアカマツの花盛りで,水たまりに花粉が一面に浮いているのが見られる.
 
* 宮島では駒ヶ林の岩場などがアカマツの生育適地と思われる.マツの花は4月下旬に咲き,2年かかって種子が熟す.1本の枝上に次々と並んでいるから,その成熟の段階が容易に観察できる.花の時期は,クロマツの方がアカマツより早い.宮島では4月25日ごろがクロマツ,4月30日から5月はじめがアカマツの花盛りで,水たまりに花粉が一面に浮いているのが見られる.
 
* 沿岸部では松枯れや遷移の進行に伴い,美しいアカマツ林は減少している.
 
* 沿岸部では松枯れや遷移の進行に伴い,美しいアカマツ林は減少している.
40行目: 41行目:  
===花期===
 
===花期===
 
* 4月下旬~5月中旬(宮島)
 
* 4月下旬~5月中旬(宮島)
 +
 
==分布・産地・天然記念物==
 
==分布・産地・天然記念物==
 
===分布===
 
===分布===
76行目: 78行目:     
==引用文献==
 
==引用文献==
*広島県.1987.広島県のメッシュ森林利用区分.91 pp.広島県.
+
*[[広島県_1987|広島県.  1987.  広島県のメッシュ森林利用区分.  91 pp.  広島県.
*Toyohara, G.  1984.  A phytosociological study and tentative draft on vegetation mapping of the secondary forest in Hiroshima Prefecture with special reference to pine forest.  J. Sci. Hiroshima Univ., Ser. B, Div. 2,  19: 131-170.
+
*[[Toyohara_1984|Toyohara, G.  1984.  A phytosociological study and tentative draft on vegetation mapping of the secondary forest in Hiroshima Prefecture with special reference to pine forest.  J. Sci. Hiroshima Univ., Ser. B, Div. 2,  19: 131-170.]]
    
==インターネットリソース==
 
==インターネットリソース==
98行目: 100行目:  
[[Category:遷移]]
 
[[Category:遷移]]
 
[[Category:生態]]
 
[[Category:生態]]
 +
[[Category:盆栽]]

案内メニュー