差分

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
11行目: 11行目:     
{|
 
{|
|[[ファイル: 20201016シマアメンボ成虫長翅型_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_159730s.jpg|250px|thumb|right|シマアメンボの成虫(長翅型).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2020)]]
+
|[[ファイル: 20201016シマアメンボ成虫長翅型_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_159730s.jpg|250px|thumb|right|シマアメンボの成虫(長翅型).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 16, 2020)|link=シマアメンボ_広島大学東広島キャンパス]]
|[[ファイル: 20201006ヒメカマキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_156807s.jpg|250px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 6, 2020)]]
+
|[[ファイル: 20201006ヒメカマキリ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_156807s.jpg|250px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 6, 2020)|link=ヒメカマキリ_広島大学東広島キャンパス]]
|[[ファイル: 20201009ヒメカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_157248s.jpg|250px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2020)]]
+
|[[ファイル: 20201009ヒメカマキリ成虫メス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_157248s.jpg|250px|thumb|right|ヒメカマキリの成虫(メス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 9, 2020)|link=ヒメカマキリ_広島大学東広島キャンパス]]
 +
|}
 +
 
 +
10月上~中旬にキャンパスで見られた赤とんぼです.[[ネキトンボ_広島大学東広島キャンパス|ネキトンボ]]は翅の基部が褐色であることが特徴で,[[ショウジョウトンボ_広島大学東広島キャンパス|ショウジョウトンボ]]によく似ていますが,[[ネキトンボ_広島大学東広島キャンパス|ネキトンボ]]には胸部側面に明瞭な黒筋があるほか,脚までは赤くないなどの違いがあります.[[キトンボ_広島大学東広島キャンパス|キトンボ]]は翅の基部から中ほどまで黄褐色になるのが特徴のトンボで,12月まで生きていることがあります.[[リスアカネ_広島大学東広島キャンパス|リスアカネ]]はやや薄暗いため池の周縁に見られます.
 +
 
 +
{|
 +
|[[ファイル: 20201011ネキトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_157659s.jpg|250px|thumb|right|ネキトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 11, 2020)]]
 +
|[[ファイル: 20201006キトンボ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_156638s.jpg|250px|thumb|right|キトンボの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 6, 2020)]]
 +
|[[ファイル: 20201011リスアカネ成虫オス_東広島市鏡山_南葉撮影_IMG_157856s.jpg|250px|thumb|right|リスアカネの成虫(オス).(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Oct. 11, 2020)]]
 
|}
 
|}
  
6,809

回編集

案内メニュー