池田・後藤・塩路・武内・清水・坪田 2018

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

目次

池田ほか(2018)

文献(出典)

  • 池田誠慈・後藤理史・塩路恒生・武内一恵・清水則雄・坪田博美. 2018 (2019). 離散後のオオサンショウウオの幼生が利用している落ち葉について. 広島大学総合博物館研究報告 10: 91-102. [Ikeda, S., Goto, M., Shioji, T., Takeuchi, K., Shimizu, N. & Tsubota, H. 2018. Leaf litter, a critical habitat for juvenile Japanese giant salamander, Andrias japonicus (Amphibia: Caudata). Bulletin of the Hiroshima University Museum 10: 91-102.]

概略

  • オオサンショウウオの幼生が利用する落ち葉について,周辺の植生も含めて報告した.

ノート

Abstract

Japanese giant salamanders Andrias japonicus inhabit the Mukunashi River around Higashi-Hiroshima City in Hiroshima Prefecture, southwestern Japan; researchers and local people have collaborated to investigate the species’behavior, particularly its oviposition and the movement of larvae after leaving the nest. In this research we focused on leaf litter in the stream as habitat in which salamander larvae and the aquatic insects which are its critical food cohabit. We studied the flora of the riparian forest to identify the species of leaf litter in the stream among which salamander larvae were found. Leaf litter and branches belonging to 29 species of vascular plants were identified, and most leaves were from the deciduous oak Quercus serrata and the conifer Cryptomeria japonica. It is suggested that the surrounding flora has an important influence on the survival of Japanese giant salamander larvae that have left the nest.

Keywords

flora, Andrias japonicus, leaf litter, seed-bearing vascular plants, flowering plants, APG system

要旨

東広島市椋梨川水系にはオオサンショウウオが生息している2.011 年から,生息状況や産卵,幼生の離散などの生態学的な調査が行われている.この過程で幼生が巣穴から離散した直後の隠れ家や餌となる水生昆虫の生息場所として流水中の落ち葉・落枝が重要な役割を担う可能性が示唆されている.本研究では流水中の落ち葉・落枝の詳細を明らかにするため,河畔林のフロラを調査するとともに,幼生が発見された場所の落ち葉との比較を行った.その結果,流水中の落ち葉・落枝として 29 種の維管束植物が同定できた.流水中の落ち葉・落枝の大半がコナラやスギなどの木本で,離散後の幼生や餌となる水生昆虫の生息場所として周辺の植生が強い影響を与える可能性が示唆された.

キーワード

フロラ,オオサンショウウオ,落ち葉溜まり,裸子植物,被子植物,APG 分類体系

Pdf

インターネットリソース


xxxxxx
タイトル
離散後のオオサンショウウオの幼生が利用している落ち葉について. Leaf litter, a critical habitat for juvenile Japanese giant salamander, Andrias japonicus (Amphibia: Caudata)
著者名
池田誠慈・後藤理史・塩路恒生・武内一恵・清水則雄・坪田博美. Ikeda, S., Goto, M., Shioji, T., Takeuchi, K., Shimizu, N. & Tsubota, H.
雑誌名・書籍名・報告書
広島大学総合博物館研究報告 10: 91-102, 2018. Bulletin of the Hiroshima University Museum
蘚苔類分類区分
Null
キーワード