植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter500

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレターNo. 500(2019年9月30日)

 2019年8月25日の第624回植物観察会は,江田島市大柿町深江の茶臼山から沖野島橋(おきのしまばし)のコースで行われた.新開老人集会所のそばの薮下組資材置場に10時集合.参加者42名.久藤先生のコース説明の後,10時10分頃出発.集合場所から南東方向の茶臼山へ向かう.海岸の道沿いでウツギヘクソカズラ(開花),アカメガシワハゼノキカニクサオヒシバクズヨモギツユクサ(開花),クルマバザクロソウ(開花),スベリヒユコニシキソウ(開花),エノキタカサゴユリハマナデシコ(開花),キキョウ(開花),イヌカタヒバツワブキススキ(開花),アレチノギクヌルデコシダタラノキイヌビワナツフジカクレミノコバノミツバツツジトベラヒサカキネズミモチコナラホラシノブクロマツヤブコウジムベミズスギサルトリイバラクマヤナギ(開花),イタドリアリノトウグサケカモノハシシャシャンボヤマザクラダンチクシャリンバイナワシログミクロキアキグミキヅタノキシノブウラジロムクノキミツバアケビザイフリボクモッコクアオツヅラフジタイミンタチバナノガリヤスセイタカアワダチソウヒトツバアカマツフシグロなどをみる.途中の旧干潟の周辺でカワラヨモギアンペライハマサジシオクグオカサンゴなどをみる.オカサンゴは,近畿植物同好会掲示板(2012年12月2日の投稿,https://9028.teacup.com/kinshoku/bbs/228 )によると,本観察会に参加される武内一恵さんがこの地で発見した北米原産の帰化植物で,マチン科LoganiaceaeのPolypremum procumbens L.に対して帰化植物の研究をされている植村修二氏が提案した和名である.4枚の白い花弁をもつ花と,対生の針状の葉などが本種の特徴である.また,紅葉の時期になると植物体全体が赤茶色~オレンジ色に染まるとのこと.その後,海岸沿いに茶臼山に向かう.途中,ツルウメモドキノブドウクスノキハマヒルガオテリハヤブソテツハマダイコンなどをみる.潮位が低い時間帯で茶臼山まで歩いていける.アマモコアマモをみる.11時45分ころから早めのお昼.12時20分ころ集合写真を撮影して,沖野島方面に向かう.途中,ビワサネカズラヤブツバキ,キョウチクトウ(植栽),ゴンズイオオフユイチゴクサギワラビオオバコマルバルコウなどをみる.沖野島橋の上から目的の一つであったヤマトウミヒルモは確認できなかった.三叉路付近の湿地でトキワハゼヒメクグコムラサキヒナガヤツリシロバナサクラタデクルマバザクロソウザクロソウをみる.湿地で優占していたガマヒメガマの違いを観察.13時45分頃解散した.

(H. Tsubota & M. Nakahara-Tsubota 記)

インターネットリソース

  • 近畿植物同好会掲示板(旧)「Rustweed、”さびた雑草”の紅葉」(投稿者: 植村修二,投稿日: 2012年12月2日(日)06時45分51秒)~オカサンゴの和名についての説明. https://9028.teacup.com/kinshoku/bbs/228 (2019年9月30日閲覧)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる