植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter385

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 385 (2011年4月6日)

2011年3月27日の第508回植物観察会は広島県呉市川尻町の野呂山(839.4 m)で行われた.天気は午前中くもりのち雪,午後は晴れ.参加者は40名.気温が低く,非常に寒い一日であった.十文字ロータリー横駐車場(海抜約740 m)に10時集合.担当が豊原から坪田に変更.久藤先生のコース説明と吉野さんの本の紹介の後,出発.ロータリーから山道に入る.アカマツコナラが優占する森林であったが,進むにつれて植林に変化.氷池に抜ける.途中,ヒトツボクロヤブコウジシシガシラムベアラカシヒサカキシキミイヌツゲクロキヤブツバキソヨゴクリハイノキネズミモチヤブニッケイカゴノキタチツボスミレトウゲシバキヅタミツバアケビサルトリイバラヒヨドリバナコスギゴケテイカカズラヤマイタチシダカクレミノシュンブンソウキッコウハグマオオバコエゾノギシギシセイヨウタンポポなどが見られた.ミヤマシキミがつぼみ,コハコベオオイヌノフグリが開花,ツルリンドウの果実が残っていた.冬枯れしたアキノキリンソウメリケンカルカヤが残り,ウリハダカエデリョウブコガクウツギイボタノキナツハゼカナクギノキエゴノキクロモジオオウラジロノキウツギコバンモチヌルデタラノキシロモジタムシバカマツカネジキなど落葉樹の多くはまだ芽が開いていない.ヤマシグレは展葉し始めていた.氷池の側を通る.池には一部氷がはっていた.氷池周辺では,オオミズゴケヨシコシアブライソノキチゴザサウメモドキカマツカゼンマイススキヒメシダキショウブなどが見られた.ラクウショウヌマスギ,植栽)の根を観察.星降る展望台に向かう.展望台までの道ではコアカソクサイチゴスギネザサベニシダイヌガヤキツネノボタンイタビカズラヤエムグラマテバシイ(植栽)などが見られた.12時頃展望台に到着,別のグループがすでに到着していた.昼食をとり,集合写真を撮影.ヤマヤナギを観察し,弘法寺へ向かう.途中,吉野さんの岩海の説明.岩海周辺は植林されており,シロダモカゴノキヤマナラシなどが見られた.参道に出ると明るくなり,フキが開花しており,フラサバソウオオイヌノフグリナガバタチツボスミレノボロギクアケビヒメヤブランキランソウオニタビラコテイカカズラオオアレチノギクセイヨウノコギリソウミチタネツケバナノアザミなどが見られた.弘法寺ではイワヒバナツヅタノキシノブイワガラミなどが見られた.岩上にヒメノキシノブも見つかり,松村さんがノキシノブとの区別点を解説.寺からロータリーへ向かう.途中,オオハナワラビフユノハナワラビ.14時すぎにロータリーに到着.フウ(植栽)を観察して解散.海抜が高いだけでなく,例年よりも気温が低いためか,開花には少し早かった.

(H. Tsubota, H. Kubo, Y. Inoue, T. Tanikawa & S. Mukai記)

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる