植物観察会/KansatsukaiPageMiniLetter320

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

ヒコビアミニレター No. 320 (2006年8月7日)

2006年7月23日の第445回植物観察会は比婆山県民の森(立て烏帽子山)において行われた.比婆山県民の森公園センター前駐車場に10時集合.参加者39名.ナツツバキの白い花は満開である.ハルニレの大木の下で登山ルートを説明.六ノ原-展望台-烏帽子駐車場-天然記念物比婆山ブナ純林-越原越-六ノ原.天気予報では午後雨で,雨天覚悟の登山である.展望台まではイヌシデ,ヨグソミネバリ,ミズナラ,クリなどの混交する二次林であるが,ブナもあり,植物は結構豊富である.弾力のある黒ぼく土壌で,歩きやすいコースである.なぜか二次林の林床にトウヒを植栽した一面がある.展望台からは毛無山方面の眺望がすばらしい.マムシが多い所なので要注意.ヒノキ植林の中で食事.立烏帽子駐車場にはダイセンキスミレが僅かに残存していた.ブナ原生林は,林床にササがなく,シダが豊富な型の群落である.沢筋にはオオモミジガサが蕾をつけており,オニシモツケは白い花をつけていた.越原越からはヒノキ植林の中を下山する.午後3時に公園センターに到着と同時に雨足が激しくなり,幸運であった.

(G. Toyohara 記)

旧サイトは,982件のアクセスがありました.

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ / 過去のヒコビアミニレター / 古いNews | 植物 にもどる