植物観察会/KansatsukaiPageHistory

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 植物観察会 | 植物

植物観察会の歴史

ヒコビア植物観察会は,1956(昭和31)年に広島大学理学部植物学教室分類学講座の堀川芳雄教授によって始められた「広島植物採集会」から出発している. この採集会はヒコビア会と広島地方の植物愛好家との話し合いによって誕生し,当初は新聞に案内も出て,貸し切りバスをつらねて参加者は100名をこすこともあったという.

植物愛好家の3氏が幹事として世話役にあたり,毎月1回開催を原則としていた.

その後,堀川教授が退官された1966年頃にはほとんど開かれなくなったが,大学紛争に巻き込まれた1969年8月に大学院学生有志により再開されたが,その1回目はちょうど学生による理学部封鎖の日であった,学部学生,大学院学生および教官の間の交流を目的として再開したので,参加者は学内の教官と学生が多かったが,毎月1回,雨天決行ということで続けられ,場所選定などの幹事役を大学院生が交代で自分の好みに合わせて開けるようにしていた.

1977年から宮島自然植物実験所の共催ということで関太郎助教授(現名誉教授)が世話係を引き受けられて,学外からの参加者も数多くなってきた.1983年11月から会の名称を植物採集会から植物観察会に変更したが,自然保護を主張しながら,採集を目的とするような会の名称からくる誤解を避けたいとの思いがあった.また,野草ブームにのって野草を採掘するために会に参加する人に対する歯止めの意味もあったようである.

その後参加者は学外者の占める割合が増えて,1999年9月に第238回植物観察会が開かれた.学生の参加者が少なくなる傾向にあるが,生物学の流が分子生物学関係に偏ってきたことと関係する現象かもしれない.

しかし,一般の参加者は多く,少数ながら学生の参加も根強いものがあり,今後も学外者との交流の場として続けていきたい.

(G. Toyohara)


資料


旧サイトは,426件のアクセスがありました.

デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 / 植物観察会のトップ | 植物 にもどる