植物分類・生態学研究室/教育・研究活動/研究業績/2019年度

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

A. 出版物

1. 研究論文

  1. Yamamoto, K., Shimamura, M., Degawa, Y. & Yamada, A. (2019). Dual colonization of Mucoromycotina and Glomeromycotina fungi in the basal liverwort, Haplomitrium mnioides (Haplomitriopsida). [[J. Plant Res. 132: 777-788. >https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10265-019-01145-3]]
  2. Tsuzuki, M., Futagami, K., Shimamura, M., Inoue, C., Kunimoto, K., Oogam, T., Tomita, Y., Inoue, K., Kohchi, T., Yamaoka, S., Araki, T., Hamada, T. and Watanabe, Y. (2019). An early arising role of the microRNA156/529-SPL module in reproductive development revealed by the liverwort Marchantia polymorpha. [[Current Biology 29: 1-8. >https://doi.org/10.1016/j.cub.2019.07.084]]
  3. Hisanaga, T., Okahashi, K., Yamaoka, S., Kajiwara, T., Nishihama, R., Shimamura, M., Yamato, K. T., Bowman, J. L., Kohchi, T. & Nakajima, K. (2019). A cis‐acting bidirectional transcription switch controls sexual dimorphism in the liverwort. [[The EMBO Journal 38: e100240 >https://doi.org/10.15252/embj.2018100240]]
  4. Zheng, T.-X. & Shimamura, M. (2019). The gemma of Marchantia pinnata (Marchantiaceae, Marchantiophyta). [[Bryol. Res. 12: 1-5. >https://www.jstage.jst.go.jp/article/bryologicalresearch/12/1/12_1/_pdf/-char/en]]
  5. Naramoto, S., Jonesb, V.A.S., Trozzia, N., Sato, M., Toyooka, K., Shimamura, M., Ishida, S., Nishitani, K., Ishizakig, K., Nishihama, R., Kochi, T., Dolan, L., & Kyozuka, J. (2019). A conserved regulatory mechanism mediates the convergent evolution of plant shoot lateral organs [[PLOS Biology: 17 e3000560 >https://doi.org/10.1371/journal.pbio.3000560]]
  6. 池田誠慈・井上侑哉・久保晴盛・小山克輝・中原-坪田美保・武内一恵・松村雅文・坪田博美 (2019).広島県三原市の維管束植物(I): 概説とヒカゲノカズラ植物・シダ植物・裸子植物について. 広島市植物公園紀要34: 13-36.
  7. Inoue, Y., Kučera, J., Kubo, H. & Tsubota, H. 2019. Barbula chenia (Pottiaceae) new to Japan. Acta Phytotax. Geobot. 70: 195–199.
  8. Hashimoto, T., Inoue, Y. & Shimamura, M. 2019. A note on morphology of the heterogamous capitula rarely found in male inflorescences of Petasites japonicus (Siebold et Zucc.) Maxim. (Asteraceae). Hikobia 18: 1–6.
  9. 西畑和輝・佐藤匠・山口富美夫 (2019). イボイボカタシロゴケ(カタシロゴケ科,セン類)の新産地. Hikobia 18: 57–59.
  10. 鄭天雄・嶋村正樹 (2019). ヤチゼニゴケ(ゼニゴケ科,タイ類)の新産地. Hikobia 18: 61–63.
  11. 鄭天雄・嶋村正樹 (2019). ツヤゼニゴケとフタバネゼニゴケの識別点および日本における分布. Hikobia 18: 65–69.
  12. 井上侑哉・内田慎治・坪田博美・山口富美夫 (2019). 厳島の自然(1975)以降に広島県廿日市市宮島から報告されたコケ植物. 広島大学総合博物館研究報告11: 55–62.
  13. 坪田博美・池田誠慈・内田慎治・紙本由佳理・塩路恒生・久保晴盛・井上侑哉・中原-坪田美保・山口富美夫 (2019). 広島大学デジタル自然史博物館(生物分野)のコンテンツについて. 広島大学総合博物館研究報告 11: 79–96.
  14. 根本秀一・鄭天雄・嶋村正樹・黒沢高秀・大森威宏. (2020). 福島県尾瀬におけるヤチゼニゴケの新産地. 蘚苔類研究12: 印刷中
  15. Li, F.-W., T. Nishiyama, M. Waller, E. Frangedakis, J. Keller, Z. Li, N. Fernandez-Pozo, M. S. Barker, T. Bennett, M. A. Blázquez, S. Cheng, A. C. Cuming, J. de Vries, S. de Vries, P.-M. Delaux, I. S. Diop, J. Harrison, D. Hauser, J. Hernández-García, A. Kirbis, J. C. Meeks, I. Monte, S. K. Mutte, A. Neubauer, D. Quandt, T. Robison, M. Shimamura, S. A. Rensing, J. C. Villarreal, D. Weijers, S. Wicke, G. K. -S. Wong, K. Sakakibara, and P. Szövényi. (2020). Anthoceros genomes illuminate the origin of land plants and the unique biology of hornworts. Nature Plants.6: 259–272
  16. 天本匡宥・西畑和輝・井上侑哉・須山知花・嶋村正樹・山口富美夫 (2020). 岐阜県産蘚類チェックリスト.岐阜県植物研究会誌34: 印刷中.
  17. Suzuki, H., Harrison, C. J., Shimamura, M., Kohchi, T. and Nishihama, R. (2020). Positional cues regulate dorsal organ formation in the liverwort Marchantia polymorpha. J. Plant Res. in press.

2. その他

  1. 嶋村正樹 (2019). ゼニゴケの受精をめぐる諸問題 〜北川先生との議論を思いだして〜.しだとこけ 17: 31‒34.
  2. 嶋村正樹・井上侑哉 (2019). 2017 ~ 2018 年に開催された国際学会から見る蘚苔類研究の動向.蘚苔類研究 12: 6-8.
  3. Inoue, Y. & Ríos, D. (2019). Report on the 47th Annual Meeting of the Bryological Society of Japan, Toyama. Bryological Times 148: 3‒5.
  4. 片桐知之・井上侑哉 (2019). 屋久島のコケ植物(第1回)研究の歴史と概要. 洋上アルプス 293: 3.
  5. 井上侑哉 (2019). 屋久島のコケ植物(第3回)蘚類. 洋上アルプス 295: 3.
  6. Yamaguchi, T. (2019) BRYOPHYTES OF ASIA Fasc. 26.

B. 学会発表

  1. 月山皓太・小塚俊明・花田俊樹・嶋村正樹 (2019). 青色光受容体PHOTによるフタバネゼニゴケ形態形成制御機構の解析.中国四国植物学会第76回大会. 2019年5月11日. 東広島市
  2. 井上侑哉・Juan A. Jiménez・佐藤 匠・坪田博美・山口富美夫 (2019). 日本産カイガネクロゴケDidymodon nigrescensの遺伝的多様性と分類学的帰属. 中国四国植物学会第76回大会. 2019年5月11日. 東広島市
  3. 内之八重友典・山口富美夫・嶋村正樹 (2019). 尾鈴山の蘚苔類フロラ. 中国四国植物学会第76回大会. 2019年5月11日. 東広島市
  4. 坂本愛・井上侑哉・坪田博美 (2019). 広島城内の在来・外来タンポポの分布. 中国四国植物学会第76回大会. 2019年5月11日. 東広島市
  5. 西畑和輝・山口富美夫 (2019). Syrrhopodon chenii Reese & Lin(カタシロゴケ科, 蘚類)は日本にも産す. 中国四国植物学会第76回大会. 2019年5月11日. 東広島市
  6. 鄭 天雄・嶋村正樹 (2019). ゼニゴケ属における無性芽形態の多様性と分類形質としての有用性. 中国四国植物学会第76回大会. 2019年5月11日. 東広島市
  7. Yuya Inoue, Belén Estébanez Pérez & Hiromi Tsubota (2019). Morphological and phylogenetic notes on Trachycarpidium species (Pottiaceae, Bryophyta). IAB iMOSS SEB 2019 conference. 9-12 July 2019. Madrid
  8. 出口博則・井上侑哉・坪田博美・H. ベドナレク-オヒラ・R. オヒラ (2019). 日本産シモフリゴケ類の分類の現状. 日本蘚苔類学会第48回福岡大会. 2019年8月28日. 福岡市
  9. 天本匡宥・西畑和輝・井上侑哉・山口富美夫 (2019). 日本産アイバゴケ属2種の分類学的研究. 日本蘚苔類学会第48回福岡大会. 2019年8月28日. 福岡市
  10. 井上侑哉・Belén Estébanez Pérez・坪田博美 (2019). Trachycarpidium属(センボンゴケ科,セン類)の胞子体形態と系統関係. 日本蘚苔類学会第48回福岡大会. 2019年8月28日. 福岡市
  11. 内田慎治・井上侑哉・坪田博美・関 太郎 (2019). 1984(昭和59)年の宮島山火事跡の蘚苔類標本. 日本蘚苔類学会第48回福岡大会. 2019年8月28日. 福岡市
  12. 西畑和輝・徐 載欽・井上侑哉・嶋村正樹・山口富美夫 (2019). 石垣島で確認されたCalymperes palisotii(カタシロゴケ科,蘚類). 日本蘚苔類学会第48回福岡大会. 2019年8月28日. 福岡市
  13. 鄭 天雄・井上侑哉・嶋村正樹 (2019). 広島県におけるツヤゼニゴケとフタバネゼニゴケの同所的分布. 日本蘚苔類学会第48回福岡大会. 2019年8月28日. 福岡市
  14. 中西花奈・西畑和輝・山口富美夫 (2019). 京都市梅小路公園「いのちの森」の蘚苔類. 日本蘚苔類学会第48回福岡大会. 2019年8月28日. 福岡市
  15. 橋本 環・嶋村 正樹 (2019). 野生フキの頭花の比較形態学的研究.日本植物学会第83回大会. 2019年9月16日 仙台市
  16. 月山皓太・小塚俊明・嶋村正樹. (2019). 青色光受容体が関与するフタバネゼニゴケ形態形成制御機構の解析. 日本植物学会第83回大会. 2019年9月16日 仙台市
  17. Shimamura,M. & Rios D.(2019). Phyllotaxis in bryophytes: Correlation between apical cell segmentation and phyllotactic patterns. 日本植物学会第83回大会 JPR国際シンポジウム 2019年9月16日 仙台市
  18. 梶原智明・岡橋 啓太郎・久永哲也・岩﨑美雪・宮崎 基,山岡尚平・西浜竜一・嶋村正樹・大和 勝幸・中島敬二・河内孝之 (2019).アンチセンスlong non-coding RNA SUFによる苔類ゼニゴケ 雌性化因子MpFGMYBの発現抑制メカニズムの解明.日本植物学会第83回大会 2019年9月17日 仙台市
  19. Shimamura, M. (2019). The Unicellularization Process in the Spermatogenesis of Marchantia polymorpha. Marchantia workshop 2019. 2019年9月18日. 仙台市
  20. Kajiwara, T., Okahashi, K., Hisanaga, T., Miyazaki, M., Iwasaki, M., Yamaoka, S., Nishihama, R., Shimamura, M., Yamato, K.T., Nakajima, K. and Kohchi, T. (2019). Analysis of the Mechanism How Antisense lncRNA SUF Represses the Female Promoting Factor MpFGMYB in Marchantia polymorpha. Marchantia workshop 2019. 2019年9月18日. 仙台市
  21. Naramoto, S., Shivas Jones, VA. Trozzi, N., Shimamura, M., Ishida, S., Nishitani, K., Ishizaki, K., Nishihama, R., Kohchi, T., Dolan, L. and Kyozuka, J. (2019). A conserved regulatory mechanism mediates the convergent evolution of plant shoot lateral organs. Marchantia workshop 2019. 2019年9月18日. 仙台市
  22. Suzuki, H., Harrison, JC., Shimamura, M., Kohchi, T. and Nishihama, R. (2019). Clonal Analysis to Revealing Division Patterns and Stem Cell Lineages in Developing Gemma of Marchantia polymorpha. Marchantia workshop 2019. 2019年9月18日. 仙台市
  23. Tian-Xiong Zheng, T-X. and Shimamura, M. (2019). Do you want to identify the species name of wild Marchantia thalli baring no sexual branches? Marchantia workshop 2019. 2019年9月18日. 仙台市
  24. 浅川義範・富山賢一・秋山弘之・内田暁友・嶋村正樹・兼目裕充・宮髙透喜・高橋宏暢・江角朋之・矢口善博. (2019). Distribution of Volatile Components in the Liverworts, Conocephalumjaponicum, C. conicum, Marchantia paleacea subsp. diptera andM. paleacea subsp. paleacea. 第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会. 2019年9月29日 秋田市
  25. 十川太輔・嶋村正樹・大和勝幸 (2019). 超低温保存した苔類精子の利用. 第8回近畿植物学会講演会. 2019年11月16日 京都市.
  26. 鈴木秀政・C. Jill Harrison・嶋村正樹・河内孝之・西浜竜一 (2019). ゼニゴケの無性芽発生における分裂パターンと幹細胞系譜の解明に向けたクローナル解析. 2019年11月16日 第8回近畿植物学会講演会. 京都市
  27. 梶原智明・岡橋啓太郎・久永哲也・宮崎基・岩崎美雪・山岡尚平・西浜竜一・嶋村正樹・大和勝幸・中島敬二・河内孝之 (2019). 苔類ゼニゴケ雌性化抑制因子である長鎖ノンコーディングRNA SUFの作用機序の解析. 第8回近畿植物学会講演会. 2019年11月16日 京都市
  28. 梶原 智明、岡橋 啓太郎、久永 哲也、宮崎 基、岩崎 美雪、山岡 尚平、西浜 竜一、嶋村 正樹、大和 勝幸、中島 敬二、河内 孝之 (2019). アンチセンス長鎖ノンコーディングRNA SUFによる苔類ゼニゴケ雌性化因子MpFGMYBの発現抑制メカニズムの解析. 第42回日本分子生物学会年会 12月3日〜6日 福岡
  29. 片桐知之・井上侑哉 (2020). コケ植物外来種リストの作成を目指した文献調査と各種の評価. 日本植物分類学会第19回大会. 2020年2月29日–3月3日. 岐阜市.
  30. 天本匡宥・西畑和輝・井上侑哉・山口富美夫 (2020). 日本産アイバゴケ属(アイバゴケ科,苔類)の分類学的研究. 日本植物分類学会第19回大会. 2020年2月29日–3月3日. 岐阜市.
  31. 井上侑哉・坪田博美・山口富美夫 (2020). イシバイゴケ(センボンゴケ科,セン類)の新産地と分類学的帰属. 日本植物分類学会第19回大会. 2020年2月29日–3月3日. 岐阜市.
  32. 坪田博美・井上侑哉・山口富美夫 (2020). 広島県植物誌の今後―地方植物誌を継続させる上での課題―. 日本植物分類学会第19回大会. 2020年2月29日–3月3日. 岐阜市.
  33. 橋本 環・井上侑哉・坪田博美・嶋村正樹 (2020). 日本産フキ(キク科)の系統的位置および遺伝的多様性. 2020年2月29日–3月3日. 岐阜市.

C. その他の活動

嶋村正樹 (2019). 「コケの増え方〜精子は泳ぐし空も飛ぶ〜」「天下一植物界」-BORDER BREAK BEYOND- 招待講演 2019年6月23日. 京セラドーム大阪