植物分類・生態学研究室/教育・研究活動/研究業績/2003年度

提供: 広島大学デジタル自然史博物館_広島大学総合博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

A. 出版物

1. 研究論文(講座業績など)

  1. Akiyama, H., H. Tsubota, T. Yamaguchi & M. Suleiman. 2003. The new genus Benitotania(Daltoniaceae, Bryopsida) from Mt. Kinabalu. Bryologist 106: 454-459.
  2. Arikawa, T. & M. Higuchi. 2003. Prelimianry application of psaB sequence data to the phylogenic analysis of pleurocarpous mosses. Hikobia 14: 33-44.
  3. Handa S., M. Nakahara, H. Tsubota, H. Deguchi & T. Nakano. 2003. A new aerial alga, Stichococcus ampulliformis sp. nov. (Trebouxiophyceae, Chlorophyta) from Japan. Phycol. Res. 51: 203-210.
  4. Nakahara, M., S. Handa, T. Nakano & H. Deguchi. 2003. Culture and pyrenoid structure of a symbiotic Chlorella species isolated from Paramecium bursaria. Symbiosis 34: 203-214.
  5. Oguri, E., T. Yamaguchi, H. Tsubota & H. Deguchi. 2003. A preliminary phylogenic study of the genus Leucobryum (Leucobryaceae, Musci) in Asia and the Pacific based on ITS and rbcL sequences. Hikobia 14: 45-53.
  6. Ohnishi, N. & H. Deguchi. 2003. A new species of Schistochila (Hepaticae) from East Asia. Bryologist 106: 451-453.
  7. Shimamura, M., Y. Shigetou & H. Deguchi. 嶋村正樹・重藤裕子・出口博則. 2003. ヒメトロイブゴケ配偶体における形態学的研究. Hikobia 14: 107-112.
  8. Shimamura, M., B.C. Brown, B.E. Lemmon, T. Akashi, K. Mizuno, N. Nishihara, K. Tomizawa, K. Yoshimoto, H. Deguchi, H. Hosoya, T. Horio & Y. Mineyuki. 2004 γTubulin in basal land plants: Characterization, localization and implication in the evolution of acentriolar microtubule organizing centers. Plant Cell 16: 45-59.
  9. Shimamura, M., Y. Mineyuki & H. Deguchi. 2003. A review of the occurrence of monoplastidic meiosis in liverworts. J. Hattori Bot. Lab. 94: 179-186.
  10. Tsubota, H., Y. Ageno, B. Estébanez, T. Yamaguchi & H. Deguchi. 2003. Molecular phylogeny of the Grimmiales (Musci) based on chloroplast rbcL sequences. Hikobia 14: 55-70.
  11. Takahashi, K. & Okamoto, T. 2003. 日本の地衣学関係文献目録 (2). Literature of the Japanese lichenology (2): Lichenology 2: 29-33.

2. その他

B. 学会発表

  1. 有川智己. 2003. キヌゴケ属の分類学的研究 (VI) 日本産キヌゴケ属. 日本蘚苔類学会32回大会 (神奈川). 講演要旨15. (2003年8月)
  2. 小栗恵美子・坪田博美・山口富美夫・出口博則. 2003. アジア産シラガゴケ属蘚類の分子系統学的研究. 日本植物学会中国四国支部第60回大会 (島根). 講演要旨7. (2003年5月)
  3. 小栗恵美子・坪田博美・山口富美夫・出口博則. 2003. ムニンシラガゴケとその近縁種の系統関係. 日本蘚苔類学会第32回大会 (神奈川). 講演要旨6. (2003年8月)
  4. 小栗恵美子・坪田博美・山口富美夫・出口博則. 2003. 核ITS領域と葉緑体rbcL遺伝子に基づくシラガゴケ属蘚類の系統. 日本植物分類学会第3回大会 (東広島). 講演要旨49. (2003年3月)
  5. 柏原真理子・嶋村正樹・出口博則. 2003. 茎葉苔類の側葉の折れたたみとラメラ形成. 日本蘚苔類学会32回大会 (神奈川). 講演要旨19. (2003年8月)
  6. 柏原真理子・嶋村正樹・出口博則. 2003. 茎葉苔類の葉のラメラ形成. 日本植物学分類会第3回大会 (東広島). 講演要旨47. (2003年3月)
  7. 佐藤裕幸・坪田博美・山口富美夫・出口博則. 日本産ススキゴケ属〈蘚類〉の研究I. 日本植物分類学会第3回大会 (東広島). 講演要旨52. (2003年3月)
  8. 田澤聡・松田秀隆・坪田博美・山口富美夫・出口博則. 2003. rbcL遺伝子に基づく日本産ツキヌキゴケ科(苔類)の分子系統. 日本植物学会中国四国支部第60回大会 (島根). 講演要旨12. (2003年5月)
  9. 田澤聡・松田秀隆・坪田博美・山口富美夫・出口博則. 2003. rbcL遺伝子にもとづく日本産ツキヌキゴケ科(苔類)の分子系統学的研究. 日本蘚苔類学会32回大会 (神奈川). 講演要旨7. (2003年8月)
  10. 田澤聡・坪田博美・山口富美夫・古木達郎・Haji Mohamed・出口博則. 2003. rbcL遺伝子にもとづく苔類フタマタゴケ目の系統. 日本植物分類学会第3回大会 (東広島). 講演要旨50. (2004年3月)
  11. 坪田博美・松田秀隆・山口富美夫・出口博則. 2003. 苔類ウロコゴケ亜綱の系統学的研究. 日本植物学会中国四国支部第60回大会 (島根). 講演要旨13. (2003年5月)
  12. 坪田博美・山口富美夫・出口博則. 2003. コモチイトゴケPylaisiadelpha tenuirostrisとケカガミゴケBrotherella yokohamaeは同種か?. 日本蘚苔類学会32回大会 (神奈川). 講演要旨12. (2003年8月)
  13. 坪田博美・西村直樹・有川智己・出口博則. 2004. rbcL遺伝子に基づく蘚類クシノハゴケ属(ハイゴケ科)の分子系統学的研究. 日本植物分類学会第3回大会 (東広島). 講演要旨48. (2004年3月)
  14. 出口博則. 2003. 日本の蘚類相に追加すべき2種. 日本蘚苔類学会32回大会 (神奈川). 講演要旨20. (2003年8月)
  15. 半田信司・益田芳樹・坪田博美・中野武登・中原美保. 2004. ヌマカイメン(Spongilla lacustris)より単離した共生藻の分類学的検討. 日本藻類学会第28回大会 (札幌). Jpn. J. Phycol. (Sôrui) 52: 67. (2004年3月).
  16. 買買提明 蘇来曼・出口博則. 2003. 中国新疆ウイグル自治区の蘚苔類研究. 日本蘚苔類学会32回大会 (神奈川). 講演要旨21. (2003年8月)
  17. 高橋奏恵・出口博則. 2003. 日本新産地衣類Sticta platyphylloides (ツヤナシヨロイゴケ,新称). 日本植物学会中国四国支部2003年度大会 (島根). 講演要旨6. (2003年5月)
  18. 高橋奏恵・王立松・出口博則. 2003. 中国雲南省のヨロイゴケ属地衣類. 日本地衣学会第2回大会 (京都). 講演要旨6. (2003年8月)
  19. 高橋奏恵・王立松・出口博則. 2003. 中国雲南省の地衣類ヨロイゴケ属の分類学的再検討. 日本植物学会第67回大会 (北海道). 講演要旨178. (2003年9月)
  20. 高橋奏恵・出口博則. 2004. 日本新産地衣類Sticta praetextata (Räsänen) D.D.Awasthi. 日本植物分類学会第3回大会 (東広島). 講演要旨46. (2004年3月)
  21. 樋口正信・林善雄・有川智己・坪田博美. 2004. 台湾に新しく見つかったナンジャモンジャゴケ. 日本植物学会第3回大会 (東広島). 講演要旨51. (2004年3月)
[[トップ>FrontPage]] > [[研究業績>LabPagePaper]]