東広島キャンパスの遺跡/陣ヶ平西遺跡/1号窯跡

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > 広島大学デジタル博物館 > 文化財博物館 > 東広島キャンパスの遺跡 > 陣ヶ平西遺跡 > 1号窯跡

1号窯跡(SY01 古墳時代)

1号窯跡は、3号窯跡を埋めたのち、少し北側にずらして構築している。窯体の長さは約8.4m、最大幅約2.2mの規模です。調査時には天井が落ちていましたのではっきりしませんが、地下式あるいは半地下式のあな窯の形式です。焼成部床面は約38゜と急傾斜で、床面には、3号窯跡同様、平坦な刳り込みが階段状に多数掘り込まれていました。焚口部左右に複数の作業場が付設されていました。焚口部分に柱穴が掘り込まれていたことから、屋根がかけられていたと思われます。また、燃焼部の床面は10枚以上の床の張りかえが認められ、長期間にわたる操業の様子がうかがえます。 須恵器は窯の内外から多量に出土しました。いずれも焼き損じてひずんだものや壊れたものです。1号窯跡と3号窯跡は出土の須恵器から時期差はあまりなく、古墳時代後期後半(6世紀後半~末)と考えられます。

遺構