宮島自然植物実験所/教育・研究活動/研究業績/2021年度

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 研究業績 | 植物

宮島自然植物実験所 2021(令和3)年度研究業績

A. 出版物

1. 研究論文

  1. Hashimoto, T., Tsubota, H., Shimamura, M. & Inoue, Y. 2021. The complete chloroplast genome of Petasites japonicus (Siebold & Zucc.) Maxim. (Asteraceae). Mitochondrial DNA Part B 6(12): 3503-3505.
  2. Inoue, Y., Nakahara-Tsubota, M. & Tsubota, H. 2022 (2021). The complete chloroplast and mitochondrial genomes of Scopelophila cataractae (Mitt.) Broth. (Pottiaceae, Bryophyta). Mitochondrial DNA Part B 7(1): 125-127.
  3. Phan, Q. C., Nakahara-Tsubota, M., Inoue, Y. & Tsubota, H. 2021. New record of Dysphania pumilio (Amaranthaceae) from Hiroshima Prefecture, southwest Japan. Hikobia 18: 145-156.
  4. Sadamitsu, A., Inoue, Y., Sakakibara, K., Tsubota, H., Yamaguchi, T., Deguchi, H., Nishiyama, T. & Shimamura, M. 2021. The complete plastid genome sequence of the enigmatic moss, Takakia lepidozioides (Takakiopsida, Bryophyta): evolutionary perspectives on the largest collection of genes in mosses and the intensive RNA editing. Plant Mol. Biol. https://doi.org/10.1007/s11103-021-01214-z
  5. Sheng, Z.-P., Nakai, A., Koyama, Y., Nehira, T. & Tsubota, H. 2021. Detection of allelopathic activity of Chinese tallow Triadica sebifera (Euphorbiaceae) by the sandwich method. Hikobia 18: 157–163.
  6. ファン=クイン=チ・小山克輝・本郷圭祐・中村 創・盛 沢鵬・河原希実佳・内田慎治・諸石智大・紙本由佳理・中原-坪田美保・坪田博美. 2021 (2022). 保全地域での自然災害後の緑化工について-広島県宮島で発生した平成30年7月豪雨災害復旧工事での緑化事業-. 総合博物館研究報告 13: xx-xx. (in press)

2. その他

  1. 本宮 炎・小林久哉・本宮宏美・井上侑哉・坪田博美. 2021. 体験と学びの野外博物館の実践―広島県三段峡の例―. 蘚苔類研究 12(6): 164.

B. 学会発表

  1. 弘松・井上侑哉・坪田博美. 宮島 エビゴケ. 日本蘚苔類学会第50回オンライン宮崎大会(2021年9月3-4日). 日本蘚苔類学会 第50回オンライン高知大会要旨集, OP07, p. xx.
  2. Hiromatsu, T.
  3. Inoue, Y. 東アジア分類
  4. 緑化工学会第52回大会
  5. 支部会

C. 外部資金

D. その他

E. 講演等

旧研究業績


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 | 植物 | 宮島 にもどる