宮島自然植物実験所/教育・研究活動/研究業績/2015年度

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > 研究業績 | 植物

目次

宮島自然植物実験所 平成27(2015)年度研究業績

A. 出版物

1. 研究論文

  1. 山内大輝・丸山隼人・内田慎治・向井誠二・坪田博美・和崎 淳. 2015. 日本産ヤマモガシ(ヤマモガシ科)のクラスター根の発見. 植物研究雑誌 90(2): 103-108.
  2. Suzuki, Y., Takenaka, C., Tomioka, R., Tsubota, H., Takasaki, Y. & Umemura, T. 2015. Accumulation of arsenic and copper by bryophytes growing in an aquatic environment near copper mine tailings. Mine Water Environ. online published 04 Apr 2015.
  3. 井上侑哉・坪田博美. 2015. 蘚類センボンウリゴケ属の帰属に関する最近の知見とセンボンウリゴケ科(新称)の提案. 蘚苔類研究 11(4): 115-116.
  4. 片桐知之・坂本雄司・井上侑哉・嶋村正樹. 2015. 60年ぶりに確認された尾瀬ヶ原のヤチゼニゴケ. 蘚苔類研究(印刷中).

2. その他

B. 学会発表

  1. 正田いずみ・半田信司・井上侑哉・中原-坪田美保・嶋村正樹・○坪田博美. Trentepohlia odorata(スミレモ科)の系統保存株CCAP 483/4の正体. 中国四国植物学会, 松山.(中国四国地区生物系三学会合同大会, 愛媛大会)
  2. 中国四国地区生物系三学会合同大会, 松山大会
  3. 日本植物学会
  4. 日本蘚苔類学会
  5. 日本植物分類学会
  1. 岡村惟史・山内大輝・丸山隼人・内田慎治・坪田博美・和崎淳. 日本在来のヤマモガシ科ヤマモガシの低リン耐性. 第1回植物の栄養研究会, 東京. 東京大学弥生講堂, 2015年9月4-5日.
  2. 岡村惟史・山内大輝・丸山隼人・内田慎治・坪田博美・和崎淳. 日本在来のヤマモガシ科ヤマモガシの低リン耐性 (ポスター, 4-1 植物の多量栄養素, 2015 年度京都大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集, 62

C. 外部資金

D. その他

E. 講演等

  1. 安田女子中学校・高等学校. SSH.
  2. AICJ中学高等学校. SPP.

旧研究業績


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / 宮島自然植物実験所 | 植物 | 宮島 にもどる