坪田・池田・内田・紙本・塩路・久保・井上・中原-坪田・山口 2019

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

坪田ほか(2019b)

  • 坪田博美・池田誠慈・内田慎治・紙本由佳理・塩路恒生・久保晴盛・井上侑哉・中原-坪田美保・山口富美夫. 2019 (2020). 広島大学デジタル自然史博物館(生物分野)のコンテンツについて. 広島大学総合博物館研究報告 11: 79-96. [Tsubota, H., Ikeda, S., Uchida, S., Kamimoto, Y., Shioji, T., Kubo, H., Inoue, Y., Nakahara-Tsubota, M. & Yamaguchi, T. 2019 (2020). Contents of the Digital Natural History Museum of Hiroshima University, especially in the field of biology. Bulletin of the Hiroshima University Museum 11: 79-96.]

要旨

広島大学デジタル自然史博物館は,広島大学の開学以来長年にわたって蓄積された教育・研究に関する知的資産を外部に公開し,生涯学習や学校教育のために活用することを目的として設置されている。デジタル自然史博物館には生物学や地学とそれに関係する資料が含まれる。特徴のあるコンテンツとしてはコケ植物や世界遺産宮島に関するものがあげられる。コンテンツの大部分は日本語であり,アクセス数は2015年度以降増加傾向にある。今後,現在進めているMediaWikiを使ったシステムへの移行を進めるとともに,コンテンツの充実やICTを使った学習への対応,運用母体の強化などを通じて,教育・研究のためだけでなく地域貢献のためのリソースとして発展させる計画である。

キーワード

  • 環境教育,地域貢献,教育・研究リソース,インターネット,ICT

Abstract

The Digital Natural History Museum of Hiroshima University is a cluster of web sites for dissemination and practical use of educational and research resources for lifelong learning as well as school education in collaboration with laboratories and centers of Hiroshima University, Japan. The museum site includes contents on biological, environmental and earth sciences, mainly in Japanese with some English, especially bryophytes and the world heritage listed Itsukushima (Miyajima) Island, Hiroshima Prefecture, Japan. Online site access has increased since 2015. The museum site is now transferring the html based system to the MediaWiki system which is a free and open-source wiki software. For regional studies we plan to expand significantly the content of available resources to enable greater use and ease of access through information and communication technology (ICT).

Keywords

  • Environmental education, Regional contribution activities, Open educational resources, Research resources, Information and communication technology

pdfs