リュウゼツサイ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > リュウゼツサイ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

リュウゼツサイ Lactuca indica L. var. dracoglossa (Makino) Kitam.

シノニム

その他

  • Lactuca indica Linn. var. dracoglossa (Makino) Kitam.(広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会 1997で採用.)

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キク科 Asteraceae(Compositae) > アキノノゲシ属 Lactuca

解説

  • アキノノゲシの栽培化されたもので,台湾か中国から導入された.
  • 葉が大きく全縁で,食用や飼料にされる.
  • 竜舌菜の意味である.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

  • 広島県内の山村ではよく栽培されている.

天然記念物

標本

  • 府中町上岡田(yw-2028),熊野町重地(yw-9052),東広島市中伏(yy-7458),三良坂町計納(yw-8696)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 58410
  • 逸出

文献(出典)

  • 渡辺(1977),江塚・松本(1985),関ほか(1996),渡辺ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる