ラン藻

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

ラン藻(藍藻,シアノバクテリア)

  • Cyanobacteria, blue-green algae

特徴

  • 原核生物の一種.古い教科書では藻類とされているが,最近ではバクテリアの仲間として扱われることが多い.
  • 光合成能をもち,光合成色素をもつ.
  • 緑色植物葉緑体ラン藻の仲間が祖先となり,真核生物の細胞内に共生したものと考えられている.
    • DNAの塩基配列などにもとづく分子系統解析の結果.
    • 光合成色素の共通性.など
  • 窒素固定能をもつものが多く,地球上でみられる様々な過酷な環境下で生育できる.また,陸上植物や地衣類,ホヤと共生関係をもつ種がある.
  • 芝生などに生育するネンジュモ属Nostocなどもラン藻の仲間.

ラン藻類と共生関係をもつ生物

文献