ヤマボウシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動

ヤマボウシ(東広島キャンパスの植物)

和名

学名

  • Cornus kousa Buerger ex Hance subsp. kousa

分類

  • ミズキ科 Cornaceae

分布

  • 本州・四国・九州(屋久島まで)・琉球(石垣島・西表島)・朝鮮半島の山地に分布.
  • 中国のものは変種とされる.

東広島キャンパスの花期

  • 調査中

特徴

  • 高さ5-10 mの落葉高木.横枝は水平に広がり,若枝はほぼ無毛,枝先に1対の葉を対生する.
  • 葉は楕円形~卵円形で鋭尖頭,縁は波打ち,裏面脈腋には褐色の立毛が密生し,側脈は4-5対.晩秋には暗紅色に紅葉して美しい.
  • 5-7月に1対の側枝を伴った短枝端に頭状花序をつける.花序の基部には大型の総苞があり,総苞片は4枚,卵形~超楕円状で尖頭形.はじめ淡緑色でのちに白色になる.まれに紅色をおびる.
  • 花は6-7月に開き,無柄で頭状に密集してつく.
  • 果実は9-10月に紅熟し,中に1~数個のかたい核を入れ,果肉は黄白色で甘みがある.
  • 名前は山法師の意味で,頭状の花序を僧の頭に,白い総苞片を頭巾に見立てたものといわれる.

ギャラリー


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > ヤマボウシ