ヤマヒョウタンボク

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > ヤマヒョウタンボク | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

ヤマヒョウタンボク Lonicera mochidzukiana Makino var. nomurana (Makino) Nakai

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > スイカズラ科 Caprifoliaceae > スイカズラ属 Lonicera

解説

  • 図鑑などには記載されていないが,葉の裏面に特殊な白点がある.
  • 果実は2個の子房が融合したひょうたん形で赤色.
  • 中井・小泉(1922)は「本島(安藝,宮島)」 と産地を挙げており,当時,本州では宮島が唯一の産地であったようである.
  • 現在,本種の生育は宮島では確認されていない. 

花期

  • 花は6月で白色.

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から吉備高原面に稀に分布し,渓谷や岩海など岩の多い所に生育している.

産地

天然記念物

標本

  • 宮島(yd-134760:土井美夫標本,採集:越智才平1928年),廿日市市黒折(km-6017),向原町大土山(mt-1620),三良坂町野竹(kk-5115),三次市山家(yy-15450)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 広島県RDBカテゴリ: 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
  • 環境庁コード: 52830
  • 県RDB

文献(出典)

  • 中井・小泉(1922),乾・本田(1930),関ほか(1975),環境庁(1979),土井(1983),関ほか(1994),広島県(1995),関ほか(1996),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

引用文献

  • 中井猛之進・小泉源一.1922. 大日本樹木誌,巻之壱.511 pp. + 28 pp. 成美堂書店,東京.

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる