ヤエベニシダレ 宮島

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 宮島 > サクラ情報 | 植物 > 郷土の植物 > 宮島

目次

ヤエベニシダレ(広島県廿日市市宮島)

ヤエベニシダレ(Yae-beni-shidare 八重紅枝垂):Cerasus spachiana 'Plena-Rosea' Miyoshi

エドヒガン群栽培品種.4 月中旬開花.八重(花弁数15–20).花径2.5 cm.花弁は淡紅紫色.開花が先行し次いで葉が展開.葉身は長楕円形.枝が垂れる.古い栽培品種.八重咲き品種であるが,他の品種と異なり雄しべや雌しべの数が減らない.

別名

  • エンドウザクラ(遠藤桜)

解説

  • 栽培品種(エドヒガン群栽培品種)
  • 植栽

由来

ヤエベニシダレ(八重紅枝垂)

基本データ

和名・品種名
八重紅枝垂
読み
ヤエベニシダレ
開花期
淡紅紫色
花弁数
八重
サイズ
高木
樹形
枝垂れ
場所
本数

代表的な宮島のサクラの種類

備考


デジタル自然史博物館 / 広島大学 / メインページ / 植物 / 郷土の植物 / 宮島 / 宮島のサクラ / サクラ情報 にもどる